太田至・曽我亨(編)

上製本:x, 376 p.
出版社:昭和堂
ISBN-13:978-4812218242
サイズ:A5
発売日:2019年3月30日

Amazon

昭和堂

内容

アフリカの遊牧民に魅せられた人類学者たちによるアンソロジー。筆者たちがアフリカの遊牧民に惹かれる最大の理由は、その「ブレない生き方」にあるという。家畜とともに生きるために無駄をそぎ落とした牧畜社会のしくみ。灼熱の地を歩き続ける強靭な肉体。そして彼らは誇り高く、自分たちの生き方にゆるぎない自信を持っている。ときに傲岸不遜で挑発的、排他的にも映る彼らの自己肯定的で自信に満ちた生き方は、なんともカッコいい。彼らの虜になった人類学者たちは、それがどこから来るのか、どう理解したらよいのか解明したいとフィールドワークに取り組んできた。そして彼らの生き方が、私たち日本人とは真逆のようであり、同時に共通点があることも感じてきた。彼らから学んだことが、同じ激動の時代に生きる私たちにとってどんな意味を持つのか、読者とともに考えたい。

目次

序章 遊牧の思想:人類学がみる激動のアフリカ
第I部 牧畜という生き方
第1章 自己肯定的な生き方を支えているもの
第2章 ねだられることを許す
第3章 交歓と相互承認の創出
第4章 難民を支えたラクダ交易
第5章 もめごとを祖霊の世界に託して
第II部 紛争を乗り切る
第6章 国家に頼らない遊牧民の生き方
第7章 身体と暴力
第8章 敵と友のはざまで
第9章 「男らしさ」を相対化する
第10章 交渉の決裂と離別
第III部 グローバリゼーションに向き合う
第11章 伝統の「便宜的」な使い方
第12章 「マサイの戦士」の旅の終わり
第13章 生計戦略の多様化
第14章 「大富豪」世帯の父と息子の折衝
第15章 開発のための家畜