アフリカセンターについて

  • HOME »
  • アフリカセンターについて

京都大学「アフリカセンター」について

京都大学アフリカ地域研究資料センター(通称アフリカセンター)は、アフリカの自然・社会・文化についての深い理解を基盤として、アフリカ諸地域の独自性を明らかにするとともに、アフリカの内発的発展に寄与することができる地域研究を目指しています。

本センターの前身である京都大学アフリカ地域研究センターは、1986年4月我が国ではじめて国立大学に設置されたアフリカ地域を対象とする研究機関として発足しました。その後、1996年に同センターが大学院人間・環境学研究科アフリカ地域研究専攻として組織換されたのにともない、アフリカ地域研究資料センターが設置され、これまでの活動を継承することになりました。

センターの4つの柱

アフリカセンターの主な活動は、アフリカ地域を対象とする学術研究の拠点として、1)学際的研究の推進、2)公開研究会及び公開講座の開催等による研究成果の還元と社会貢献、3)国際学術協定に基づく研究交流および国際協力、4)研究情報の発信とネットワークづくりなどを行うことです。

activity map

本センターは、このような活動を通して、京都大学のフィールドワークの伝統を生かした特色あるアフリカ研究機関として、アフリカに関する研究・情報の集積と発信に努めるとともに、全国的かつ国際的な研究交流と研究協力を推進する役割を果たしています。

PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.