アフリカセンターのあゆみ

アフリカセンターのあゆみ

京都大学におけるアフリカ研究の歴史

京都大学のアフリカ研究史の曙は 1958年に今西錦司名誉教授らを中心として開始された学術調査にさかのぼることができます。当初は、アフリカ大型類人猿の生態学・社会学的調査、狩猟採集民の生態人類学的調査に基づく人類社会の進化史の解明を目標として研究チームが組織されましたが、その後、研究分野は年とともに拡大していき、民族学、言語学、生態学、古人類学、地質学、医学、薬学、農学といった分野の調査も活発に行われるようになっていきました。 地域的にも、東アフリカのタンザニア、ケニア、南部アフリカのボツワナ、ザンビア、中部アフリカのザイール、コンゴ、ガボン、西部アフリカのカメルーン、ギニア、マリ、そしてエチオピア、スーダン、さらにマダガスカルへと広がり、1987年までの約30年間で、延べ500人以上の研究者が、主として霊長類(とくに大型類人猿)の生態学・社会学的研究や、狩猟採集民・牧畜民・焼畑農耕民の生態人類学的研究、化石人類の研究、淡水魚の生態学的研究、在来農業の研究等の分野において、多くの新しい発見を含む輝かしい業績をあげました。

前列左から川村俊蔵、今西錦司、伊谷純一郎、後列に徳田喜三郎(出典:京都大学霊長類研究所)

京都大学アフリカ地域研究センター設立、そしてアフリカ地域研究資料センターへ

こうしたアフリカ研究の発展にともなって、1986年に現在のアフリカセンターの前身である、アフリカ地域研究センターが、わが国最初のアフリカ専門の研究機関として開設されました。初代のセンター長は、伊谷純一郎名誉教授がつとめ、乾燥帯生態系研究部門、湿潤帯生態系研究部門、歴史・先史客員研究部門、および情報資料室が設置されました。

その後、生業構造研究部門、アフリカ学研究部門があいついで設置され、研究の拡充がはかられました。また、研究のみならず、理学研究科、農学研究科、人間・環境学研究科において、大学院教育をおこない、アフリカ地域研究者の育成にも力を注いできました。1995年度に設立10年を迎えたアフリカ地域研究センターは、発展的に解消され、1996年度からアフリカ地域研究資料センター(通称アフリカセンター)として新たに出発しました。それまで大学院教育を担ってきた部門は、1996年からの2年間は人間・環境学研究科のアフリカ地域研究専攻に移行しました。

京都織物会社の跡地にあった、京都大学アフリカ地域研究センターの旧研究棟

アジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)の設立とアフリカ地域研究資料センター

1998年にいよいよ大学院アジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)が新設されると、人間・環境学研究科に所属していたアフリカ地域研究専攻はASAFASにうつり、より充実した体制で研究・教育活動を実施できるようになりました。 一方、アフリカ地域研究資料センターは、アフリカ地域研究センターから引き続いてさまざまな活動を実施しています。1)大型プロジェクトの推進:大型研究プロジェクトを運営し、国内外の研究者との連携を図り、研究活動と情報発信、国際貢献の推進に努めています。2)情報資料室は、アフリカ地域の自然、民族、文化に関する図書・学術報告書、動植物標本等を中心に広範に収集をおこない、学内外の研究者に公開してアフリカ研究の発展に貢献してきましたが、2007年度までの単行本の収集点数は約14,000点にのぼりました。3)内外のアフリカ研究者を招いて行われている月例の「アフリカ地域研究会」は、2014年度までに209回を数えました。そのほか、各種研究会、研究集会、国際フォーラムの主催・共催も随時おこない、積極的な研究活動に従事しています。4)出版物としては、欧文の学術雑誌 “African Study Monographs”(ASM)を刊行してきました。このASMは、1981年にアフリカ地域研究センターの前身「アフリカ地域研究調査室」により第1号が発刊され、1985年度からは季刊として刊行されるようになりましたが、2015年現在で、通常号が通算119号(35巻3/4号まで)、特集号が50号に達しました。日本国内の研究者はもとより、アフリカ、欧米をはじめ世界中の研究者の論文が掲載されています。このほか、5)1987年に構築されたアフリカ有用植物データベース(AFlora)は、随時、蓄積データの充実が図られてきています。

こうして積み重ねられてきたアフリカ研究の成果を社会に還元すべく、2007年度には社会貢献支援室がもうけられ、アウトリーチ活動にもより積極的に取り組むようになりました。2009年度の後期からは、「京の府民大学」事業と協賛して、半期連続5回シリーズの公開講座を開催するほか、近畿地区の小中高等学校を訪問してアフリカの自然・社会・文化の紹介をおこなう活動を展開しています。

また、2009年3月には日本の教育研究機関に滞在したアフリカ諸国の研究者、留学生を結んで「日本‐アフリカ研究者ネットワーク(JASNET: Japan-Africa Scholars’ Network)を結成しました。アフリカセンターは、これまで数々のアフリカ人研究者を受け入れ、日本のアフリカ研究(者)と世界のアフリカ研究(者)とを結びつける役割を果たすと同時に、国際学術協定に基づく研究交流を積極的におこなってきましたが、今後は、国内外のアフリカ(人)研究者のネットワークづくりにも貢献していきます。

現在の京都大学アフリカ地域研究資料センターが入る京都大学稲盛財団記念館

年表・アフリカセンターのあゆみ

1986年

アフリカ地域研究センター開設(初代センター長・伊谷純一郎教授)乾燥帯生態系研究部門(教授1,助教授1,助手1)・湿潤帯生態系研究部門(教授1,助教授1)・歴史・先史客員研究部門(教授1,助教授1)・情報資料室(助教授1)を設置 大学院教育(理学研究科・農学研究科にて生態人類学,人類社会進化論,霊長類社会学,熱帯アフリカ農業論,土壌学等に関する講義及び大学院生の研究指導)

1987年

アフリカ有用植物データベース(AFlora)を構築

1988年

生業構造研究部門(教授1,助教授1)を設置

1992年

アフリカ学研究部門(外国人客員)を設置

1993年

人間・環境学研究科文化・地域環境論専攻にアフリカ地域研究講座を担当(民族文化論,社会生態論,生計経済論,自然環境論,生業構造論,生業環境論,及び生態人類学の7科目を開講)

1995年

アフリカ地域研究センターは発展的に解消

1996年

アフリカ地域研究資料センターとして新たに出発 大学院教育部門は、大学院人間・環境学研究科のアフリカ地域研究専攻に移行。地域生態論,民族共生論,生業生態論の3講座(教授6,助教授6)を設置

1998年

大学院アジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)の設立にともない、アフリカ地域研究専攻は、人間・環境学研究科よりASAFASに移行

2007年

社会貢献支援室設置

2009年

「日本‐アフリカ研究者ネットワーク(JASNET: Japan-Africa Scholars’ Network)結成

2009年

公開講座「アフリカ研究最前線」開始

2011年

科学研究費補助金基盤研究(S)アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」と、JST/JICA地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS)カメルーン森林―サバンナ持続性プロジェクト」の開始

2013年

アフリカ地域研究会、第200回記念大会を開催

2014年

アフリカ学会第51回学術大会、創立50周年記念講演会を開催

2015年

JSPS頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム「グローバル化にともなうアフリカ地域研究パラダイム再編のためのネットワーク形成」の開始

2016年

創立30周年を迎える

科学研究費補助金基盤研究(S)アフリカ潜在力」と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究」の開始

アフリカ学際研究拠点推進ユニットを設立

第1回 京都大学アフリカ同窓会開催

2017年

第2回 京都大学アフリカ同窓会開催

日本=フランス地域研究フォーラムを開催

京都大学リエゾン・オフィスをエチオピア・アジスアベバに設置

2018年

JST/JICA地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS)在来知と生態学的手法の統合による革新的な森林資源マネジメントの共創」の開始

歴代センター長

1986〜1989年度

伊谷 純一郎

1990〜1995年度

田中 二郎

1996〜1997年度

髙村 泰雄

1998〜1999年度

田中 二郎

2000〜2001年度

掛谷 誠

2002〜2003年度

市川 光雄

2004〜2007年度

荒木 茂

2008〜2009年度

太田 至

2010〜2011年度

重田 眞義

2012〜2013年度

木村 大治

2014〜2015年度

梶 茂樹

2016年度〜現在

重田 眞義

PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.