宮本正興・松田素二(編)

並製本:776ページ
出版社:講談社
ISBN-13:978-4065139486
サイズ:新書
発売日:2018年11月14日

Amazon

講談社

内容

人類誕生から混沌の現代へ、壮大なスケールで描く民族と文明の興亡。新たなアフリカ像を提示し、世界史の読み直しを迫る必読の歴史書。変化の激しいアフリカ現代史を新たに書き加え、従来の記述も新しい知見や主張に基づいて内容を大幅に見直した、21年振りの改訂新版。

当センターからは、市川光雄名誉教授、池野旬教授、髙橋基樹教授、伊谷樹一教授が執筆陣に加わっています。

目次

第I部 アフリカと歴史
第1章 アフリカ史の舞台
第2章 アフリカ文明の曙
第II部 川世界の歴史形成
第3章 コンゴ川世界
第4章 ザンベジ・リンポポ川世界
第5章 ニジェール川世界
第6章 ナイル川世界
第III部 外世界交渉のダイナミズム
第7章 トランス・サハラ交渉史
第8章 インド洋交渉史
第9章 大西洋交渉史
第IV部 ヨーロッパ近代とアフリカ
第10章 ヨーロッパの来襲
第11章 植民地支配の方程式
第12章 南アフリカの経験
第V部 抵抗と独立
第13章 アフリカ人の主体性と抵抗
第14章 パン・アフリカニズムとナショナリズム
第15章 独立の光と影
第VI部 現代史を生きる
第16章 苦悩と絶望:二〇世紀末のアフリカ
第17章 二一世紀のアフリカ
第18章 アフリカの未来