120th KUASS: KYOTO UNIVERSITY AFRICAN STUDIES SEMINAR

120th KUASS: KYOTO UNIVERSITY AFRICAN STUDIES SEMINAR

Analyses of the labor market in Africa reveal a number of paradoxes. First, despite sustained GDP growth rates (around 5% and above, and over more than a decade, in many countries)…

2023年度 公開講座 第5回「水・衛生と健康:ザンビア・ルサカの事例から」(2024年2月3日)

2023年度 公開講座 第5回「水・衛生と健康:ザンビア・ルサカの事例から」(2024年2月3日)

水の利用と汚水の始末(水・衛生)は、生きるうえで必要なことである。こうした私的な側面を持つ水・衛生は、一方では地域社会における公共的な側面も持ち、人びとと水・衛生との関わりは多様である。本発表は、サハラ以南アフリカの水・衛生の現状を概観しつつ、水・衛生と人びととの関わりを考えたい。ザンビア・ルサカ市周縁地域の衛生環境についての調査結果を紹介しつつ、下痢リスク…

119th KUASS: KYOTO UNIVERSITY AFRICAN STUDIES SEMINAR

119th KUASS: KYOTO UNIVERSITY AFRICAN STUDIES SEMINAR

Biodiversity conservation in protected areas with people living inside requires an helictical approach, as the communities inside harvest natural resources to meet their daily subs…

118th KUASS: KYOTO UNIVERSITY AFRICAN STUDIES SEMINAR

118th KUASS: KYOTO UNIVERSITY AFRICAN STUDIES SEMINAR

Based on the general census in 2013, the population of Gabon was 1,811,079 inhabitants, with 934,072 men and 877,007 women. It is relatively young—the average age is 26, and half o…

2023年度 公開講座 第4回「コンゴ盆地・カメルーンの熱帯雨林で野生動物マネジメントを共創する」(2024年1月13日)

2023年度 公開講座 第4回「コンゴ盆地・カメルーンの熱帯雨林で野生動物マネジメントを共創する」(2024年1月13日)

熱帯雨林では家畜飼養ができないため、野生動物が主たるたんぱく源として人びとの健康を支えてきた。ところが、カメルーン東南部では1990年代から森林のゾーニングが施行され、商業伐採が拡大するとともに、地域住民による狩猟や森林資源利用が制限されてきた。このような状況を打破するためには、保全機関と地域住民が協働して関わることのできる資源マネジメントを構築する必要があ…

117th KUASS: KYOTO UNIVERSITY AFRICAN STUDIES SEMINAR

117th KUASS: KYOTO UNIVERSITY AFRICAN STUDIES SEMINAR

Since1994, when the guidelines for protected area management were published, IUCN has actively promoted the implementation of PAs such as National Park. Madagascar National Park ma…

2023年度 公開講座 第3回「子どもの日常から探る衛生感覚:カメルーン熱帯バカ・ピグミーの事例から」(2023年12月9日)

2023年度 公開講座 第3回「子どもの日常から探る衛生感覚:カメルーン熱帯バカ・ピグミーの事例から」(2023年12月9日)

アフリカ熱帯地域に定住したピグミー系狩猟採集民バカ(Baka)の社会では、おとなたちが子どもたちに対して物事を積極的に教える行為はほとんどみられず、模倣しながら経験を積むことが一般的である。こうしたなかで、バカの子どもたちが日々の暮らしや活動を通じて、どのようにまわりの人びとと関わりながら、健康に結びつく衛生感覚を養い、意識しているのだろうか。この発表では、…

1 2 15