工学研究者、アフリカへ行く! “MNGDプロジェクト”の挑戦

内容

アフリカでは、古来より人やもの、情報のやりとりを様々に発達させてきました。そのなかでも、物理的な往来を容易くする「道」の存在は欠かせません。航空機や高速道路による長距離移動やSNSなどの情報通信が多用されるアフリカで、ともすれば村と村をつなぐふつうの「道」の重要性は看過されてきました。今回のアフリカセンター公開講座では、この「道」に注目して2019年からエチオピアで共同研究をはじめた工学研究者たちの挑戦をとりあげます。SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)「特殊土地盤上道路災害低減に向けた植物由来の土質改良材の開発と運用モデル」、通称MNGDプロジェクトの活動について紹介しながら、みなさんと一緒にアフリカの道について考えてみたいと思います。

開催日程

第1回 2021年10月16日(土)講師:木村 亮「アフリカに大学を造る

第2回 2021年11月27日(土)講師:安原英明 「アフリカで地盤環境工学を考える

第3回 2021年12月18日(土)講師:福林良典「アフリカで住民と道普請する」

第4回  2022年1月22日(土)講師:亀井一郎「アフリカの土壌を改質する」

第5回 2022年 2月19日(土)講師:澤村康生 「在来植物でアフリカの道を直す 」

*この公開講座は、京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科の「令和3年度アジア・アフリカ地域研究履修証明プログラム」の一部として提供しています。

お申し込み方法

「お名前(ふりがな)、ご住所、Eメールアドレスなどの連絡先、受講希望講座」を記して、下記のいずれかへお送り下さい。会場での受講を希望される場合は、その旨をお書き添えください。無記入の場合は、オンライン受講希望として扱わせていただきます。

1)E-mail: manabiafrica[at]gmail.com ([at]は@に変更してください)

2)郵便: 〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46   

                京都大学アフリカ地域研究資料センター 公開講座係               

3)FAX: 075-753-7831

各回、開講日の前週金曜までにお申し込みください。
お申込みいただきましたら、5日以内に受講受付と受講料振込のご案内を返信いたします。 入金確認後、当日までに会場での受講案内、あるいは参加URLをお送りします。 講座の映像は、開講日以降もオンラインで見ていただけるよう、アーカイブを公開します(期間限定)。

日時・場所

2021年10月16日~2022年2月19日土)
15時00分〜17時00分(開場14:30)
オンライン(Zoom)、京都大学稲盛財団記念館3階 大会議室(ハイブリッド形式)[MAP

お問い合わせ先

京都大学アフリカ地域研究資料センター
Tel:075-753-7831
Mail:manabiafrica [at] gmail.com ([at]は@に変更してください)

共催

京都大学アフリカ地域研究資料センター、
SATREPS「特殊土地盤上道路災害低減に向けた植物由来の土質改良材の開発と運用モデル」プロジェクト共同主催

ご注意・備考

*会場とオンラインの両方で開講予定ですが、感染状況によっては、 オンラインのみになる場合があります。
*会場併設の駐車場では、一般の方の駐車スペースを設けておりません。ご来場の際には、公共の交通機関をご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。