センターの活動

ワークショップ

京都大学アフリカ地域研究資料センターでは、アフリカに関わる研究者や大学院生のためにワークショップを開き、フィールドワークや研究活動に必須となるスキル獲得を目指して、様々な課題に取り組んできました。これまでの研修会では、具体的な事例を想定したシミュレーションに基づく、海外での危機管理や緊急時対応などをテーマとして取り上げています。一般公開でおこなわれるワークショップもありますので、関係する研究者や大学院生は積極的にご参加ください。

海外危機管理ワークショップ(カメルーン)

カメルーンを事例として、海外危機管理ワークショップを開催いたします。研修では、フィールドにおいて不測の事態に遭遇した際の対応策を検討します。

Anzen Cameroon Flyer

海外危機管理ワークショップ(エチオピア)

JICAエチオピア事務所で、隊員の健康管理に従事された鈴木真帆先生をお招きし、海外フィールドワーク中の安全確保と緊急時対応についてお話をうかがいます。

Anzen Ethiopia Flyer
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.