センターの活動

アフリカ地域研究会

第241回 アフリカ地域研究会

カメルーン首都ヤウンデの市場は、都市住民200万人の「食料庫」である。この市場における女性の経済活動から、アフリカ都市社会の動態について考察する。

AS #241

第240回 アフリカ地域研究会

ナイル川は10か国を流れるが、その水資源の利用をめぐって古くから諸国間の対立があった。本報告では、ナイル川の水資源配分をめぐる最新の動きを分析する。

AS #240

第239回 アフリカ地域研究会

東アフリカ沿岸部に暮らす人々が、常に「正しいイスラームとはなにか」を模索し、時代の流れに応じて柔軟に実践や解釈を変化させてきたことをお話しする。

AS #239

第238回 アフリカ地域研究会

サブサハラアフリカの社会において、この10年で展開してきた助産師教育の強化、妊婦と家族への妊娠期教育、伝統的産婆の活用の3つのアプローチを紹介する。

第237回 アフリカ地域研究会

海外からの投資を梃子にアフリカでは世界最先端のビジネスが展開されている。講演では、企業活動がアフリカ社会の発展に果たす役割と課題について考えたい。

AS #237

第236回 アフリカ地域研究会

マダガスカル北西部のアンピジュルア熱帯乾燥林には、トカゲやヘビなど55種の爬虫類がひしめき合っている。本講演では、彼らの多彩な生き様を紹介する。

AS #236
« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.