センターの活動

アフリカ地域研究会

第239回 アフリカ地域研究会

東アフリカ沿岸部に暮らす人々が、常に「正しいイスラームとはなにか」を模索し、時代の流れに応じて柔軟に実践や解釈を変化させてきたことをお話しする。

AS #239

第238回 アフリカ地域研究会

サブサハラアフリカの社会において、この10年で展開してきた助産師教育の強化、妊婦と家族への妊娠期教育、伝統的産婆の活用の3つのアプローチを紹介する。

第237回 アフリカ地域研究会

海外からの投資を梃子にアフリカでは世界最先端のビジネスが展開されている。講演では、企業活動がアフリカ社会の発展に果たす役割と課題について考えたい。

AS #237

第236回 アフリカ地域研究会

マダガスカル北西部のアンピジュルア熱帯乾燥林には、トカゲやヘビなど55種の爬虫類がひしめき合っている。本講演では、彼らの多彩な生き様を紹介する。

AS #236

第235回 アフリカ地域研究会

アフリカでは、ラジオを通して「公共」を問い語りあう場が生じている。発表では、ジャーナリストや視聴者の個人像に焦点をあて、社会変容について考える。

AS #235

第234回 アフリカ地域研究会

トウジンビエは日本では知られていないが、西アフリカ・サヘル帯の主穀である。その「雑草型」にスポットをあて、遺伝学と民族植物学が重なる領域をさぐる。

AS #234
« 1 2
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.