高田 明(Akira TAKADA)
准教授

相互行為の人類学(e.g., 高田 2019)のアプローチから,南部アフリカや日本において以下の相互に関連するテーマの研究に取り組んでいる.
(1)養育者-子ども間相互行為における言語社会化
(2)環境の知覚と道探索実践
(3)コンタクトゾーンにおけるエスニシティの変容
(4)在来社会の再編におけるキリスト教と西欧型教育の影響
(5)マイクロ・ハビタットとハビトゥスの相互構築

関連サイト

専門分野

人類学、アフリカ地域研究

研究課題

相互行為の人類学

キーワード

エスニシティ、環境、子ども、南部アフリカ、相互行為

経歴

  • 1994年

    京都大学文学部・卒業

  • 1996年

    京都大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程・修了

  • 2002年

    京都大学大学院人間環境学研究科アフリカ地域研究専攻一貫制博士課程・研究指導認定退学

  • 2003年

    同課程博士(人間・環境学)の学位取得

  • 2002〜04年

    日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2004年

    京都大学大学院アジアアフリカアフリカ地域研究研究科・助手

  • 2007年

    京都大学大学院アジアアフリカアフリカ地域研究研究科・助教

  • 2007年7〜9月

    The UCLA Center for Language, Interaction, and Culture・客員研究員

  • 2009年

    京都大学大学院アジアアフリカアフリカ地域研究研究科・准教授(現職)

  • 2011年2〜9月

    The UCLA Center for Language, Interaction, and Culture・客員研究員

  • 2012年8〜10月

    ボツワナ大学人文学科アフリカ言語・文学専攻(Department of African Languages & Literature)付属研究員

  • 2017年2〜3月

    L’École des Hautes Études en Sciences Sociales・客員研究員

  • 2018年8月~2019年3月

    ケルン大学グローバルサウス研究センター (Global South Studies Center)・客員研究員

所属学会

  • American Anthropological Association
  • 日本アフリカ学会
  • 日本文化人類学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本生活学会
  • 生態人類学会
  • The International Pragmatics Association (IPrA)
  • International Society for Conversation Analysis (ISCA)
  • International Society for Hunter Gatherer Research (ISHGR) 等

単著

  1. Takada, A. (2020). The ecology of playful childhood: Caregiver-child interactions among the San of southern Africa. New York: Palgrave Macmillan.
  2. 高田 明 (2019). 相互行為の人類学: 「心」と「文化」が出会う場所. 東京: 新曜社.
  3. Takada, A. (2015). Narratives on San ethnicity: The cultural and ecological foundations of lifeworld among the !Xun of north-central Namibia. Kyoto and Melbourne: Kyoto University Press & Trans Pacific Press.

編著

  1. Takada, A. (Ed.). (2018). Special Issue: Reconstructing the paradigm of African Area Studies in a globalizing world. African Study Monographs, Supplementary Issue, 54, 1-189. (Volume editor)
  2. Takada, A. (2016). Special Issue: Natural history of communication among the Central Kalahari San. African Study Monographs, Supplementary Issue, 52, 1-187. (Volume editor)
  3. 高田 明・嶋田 容子・川島 理恵(編) (2016). 子育ての会話分析:おとなと子どもの「責任」はどう育つか. 京都: 昭和堂.
  4. Takada, A., Nyamongo, I., & Teshirogi, K. (eds.)(2014), Special Issue: Exploring African potentials: The dynamics of action, living strategy, and social order in Southern Africa. MILA – A Journal of the Institute of Anthropology, Gender and African Studies, 12, iii-iv,1-75. (Volume editor)
  5. Takada, A. (Ed.). (2013). Special Issue: Vitalizing indigenous knowledge in Africa. African Study Monographs, 34(3), 139-183. (Issue editor)

学術雑誌論文

  1. 高田 明 (2020). 環境との関わりを深めること: グイ/ガナの道探索実践における指示詞とジェスチャーの用法. 文化人類学, 84(4), 443-462.
  2. Takada, A. & Kawashima, M. (2019). Caregivers’ strategies for eliciting storytelling from toddlers in Japanese caregiver-child picture-book reading activities. Research on Children and Social Interaction, 3(1-2), 196-223.
  3. Takada, A. (2019). Socialization practices regarding shame in Japanese caregiver-child interactions. Frontiers in Psychology, 10, 1545.
  4. 安井永子・高梨克也・遠藤智子・高田 明・杉浦秀行 (2019). 第42回研究大会ワークショップ: 相互行為における指さしの多様性: 会話分析の視点から. 社会言語科学, 21(2), 92-97.
  5. 高田 明・片桐恭弘・片岡邦好 (2018). 20周年記念パネル・ディスカッション「相互行為エンジン仮説」の妥当性と未来: 多分野からの検証と提言. 社会言語科学, 21(1), 407-420.
  6. Takada, A. (2018). Introduction to the supplementary issue “Reconstructing the paradigm of African Area Studies in a globalizing world”. African Study Monographs, Supplementary Issue, 54, 3-12.
  7. Takada, A. (2018). The Kyoto School of Ecological Anthropology: A Source of African Area Studies at Kyoto University. African Study Monographs, Supplementary Issue, 54, 41-57.
  8. Morelli, G. A., Quinn, N., Chaudhary, N., Vicedo, M., Rosabal-Coto, M., Keller, H., Murray, M., Gottlieb, A., Scheidecker, G., & Takada, A. (2018). Ethical Challenges of Parenting Interventions in Low- to Middle-income Countries. Journal of Cross-Cultural Psychology, 49(1), 5-24.
  9. Lee, H., Nand, K., Shimizu, Y., Takada, A., Kodama, M., & Masuda, T. (2017). Culture and emotion perception: Comparing Canadian and Japanese children’s and parents’ context sensitivity. Culture and Brain. DOI: 10.1007/s40167-017-0052-0.
  10. Takada, A. (2016). Introduction to the supplementary issue “Natural history of communication among the Central Kalahari San”. In Takada, A. (Ed.), Special Issue: Natural history of communication among the Central Kalahari San. African Study Monographs, Supplementary Issue, 52, 5-25.
  11. Takada, A. (2016). Employing ecological knowledge during foraging activity: Perception of the landform among the G|ui and G||ana. In Takada, A. (Ed.), Special Issue: Natural history of communication among the Central Kalahari San. African Study Monographs, Supplementary Issue, 52, 147-170.
  12. Senzaki, S., Masuda, T., Takada, A., and Okada, H. (2016). The communication of culturally dominant modes of attention from parents to children: A comparison of Canadian and Japanese parent child conversations during a joint scene description task. PLoS ONE, 11(1), e0147199.
  13. Takada, A. & Endo, T. (2015). Object transfer in request-accept sequence in Japanese caregiver-child interactions. Journal of Pragmatics, 82, 52-66.
  14. 高田 明 (2014). 家族関係と子どもの発達: 人類学的アプローチ. 乳幼児医学・心理学研究, 23(1), 11-18.
  15. Takada, A. (2014). Mutual coordination of behaviors in human-chimpanzee interactions: A case study in a laboratory setting. Revue de Primatologie, 5. URL: http://primatologie.revues.org/1902; DOI: 10.4000/primatologie.1902
  16. 高田 明 (2014). ナミビアにおける教育改革についての一考察: オバンボランドのクンをめぐる教育実践. アフリカ教育研究, 4, 19-34.
  17. Takada, A. (2013). Generating morality in directive sequences: Distinctive strategies for developing communicative competence in Japanese caregiver-child interactions. Language & Communication, 33, 420-438. DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.langcom.2013.03.012
  18. Liszkowski, U., Brown, P., Callaghan, T., Takada, A., and de Vos, C. (2012). A prelinguistic gestural universal of human communication. Cognitive Science, 36, 698-713. DOI: http://dx.doi.org/10.1111/j.1551-6709.2011.01228.x
  19. 高田 明 (2011). 転身の物語り: サン研究における「家族」再訪. 特集: 親子のつながり―人類学における親族/家族研究再考. 文化人類学, 75(4), 551-573.
  20. Takada, A. (2010). Changes in Developmental Trends of Caregiver-Child Interactions among the San: Evidence from the !Xun of Northern Namibia. African Study Monographs, Supplementary Issue, 40, 155-177.
  21. 高田 明 (2009). 赤ちゃんのエスノグラフィ:乳児及び乳児ケアに関する民族誌的研究の新機軸. 心理学評論, 52(1), 140-151.
  22. Takada, A. (2006). Explaining pathways in the Central Kalahari. In R. K. Hitchcock, K. Ikeya, M. Biesele, & R. B. Lee (Eds.), Senri Ethnological Studies, No.70, Updating the San: Image and reality of an African people in the 21st century. Osaka: National Museum of Ethnology (pp.101-127).
  23. Takada, A. (2005). Early vocal communication and social institution: Appellation and infant verse addressing among the Central Kalahari San. Crossroads of Language, Interaction, and Culture, 6, 80-108.
  24. 高田 明 (2005). ナミビア北部におけるサンとオバンボの関係史. アフリカレポート, 40, 11-16.
  25. 高田 明 (2002). セントラル・カラハリ・サンにおける社会変容: 人口動態,生業活動,乳幼児の体重の分析から. アフリカ研究, 60, 85-103.
  26. 高田 明 (2002). サンにおける養育行動とその発達的意義: ジムナスティック・授乳場面の特徴. 発達心理学研究, 13(1), 63-77.
  27. Takada, A. (2002). The !Xu San: Poverty & tension. Cultural Survival Quarterly, 26(1), 18-19.
  28. 小嶋秀樹・高田 明 (2001). 社会的相互行為への発達的アプローチ: 社会のなかで発達するロボットの可能性. 人工知能学会誌, 16(6), 812-818.

学術論文

  1. 高田 明 (2020). 人類学から考える子守唄と遊戯的な歌:南部アフリカのサンにおける養育者-子ども間相互行為の事例から. 今川恭子(編著),わたしたちに音楽がある理由: 音楽性の学際的探究. 東京: 音楽之友社, pp.88-100.
  2. Takada, A. (2020). Socialization practices regarding shame in Japanese caregiver-child interactions. In C. Demuth, P. Raudaskoski, & S. Raudaskoski (Eds.), Lived culture and psychology: Sharedness and normativity as discursive, embodied and affective engagements with the world in social interaction (pp.82-95). Lausanne: Frontiers Media SA. doi: 10.3389/978-2-88963-690-7
  3. 高田 明 (2019). 社会化をうながす複合的文脈: グイ/ガナにおけるジムナスティックの事例から. 杉島敬志(編), コミュニケーション的存在論の人類学. 京都: 臨川書店, pp.276-303.
  4. Takada, A. (2019). The quiet joy of fieldworkers in the Kalahari. In B. L. Hewlett (ed.), The Secret Lives of Anthropologists: Lessons from the Field. New York: Routledge, pp.204-217.
  5. Takada, A. (2019). Diversity in child-rearing practices among the San: Characteristics of gymnastic behaviour among the G|ui/G||ana. In K. Beyer, G. Boden, B. Koehler, & U. Zoch (Eds.), Linguistics across Africa: Festschrift for Rainer Vossen. Cologne, Germany: Ruediger Koeppe Verlag Koeln, pp.335-348.
  6. 高田 明 (2019). 子どもの発達研究における指さし. 安井永子・杉浦秀行・高梨克也(編), 指さしと相互行為. 東京: ひつじ書房, pp.35-60.
  7. 遠藤智子・高田 明 (2019). 家庭内の共同活動における子どもの指さしと養育者の反応. 安井永子・杉浦秀行・高梨克也(編), 指さしと相互行為. 東京: ひつじ書房, pp.161-189.
  8. 高田 明 (2019). 子どもと大人: 私たちの来し方、行く先を見つめ直す. 松村圭一郎・中川理・石井美保(編), 文化人類学の思考法. 京都: 世界思想社, pp.140-151.
  9. Takada, A. (2018). Consumerization of cannibalism in contemporary Japanese society. In Francis B. Nyamnjoh (Ed.), Eating and being eaten: Cannibalism as food for thought. Bamenda, Cameroon: Langaa RPCIG, pp.309-332.
  10. Takada, A. (2018). Environmentally coupled gestures among the Central Kalahari San. In D. Favareau (Ed.), Co-operative Engagements in intertwined semiosis: Essays in honour of Charles Goodwin. Tartu: The University of Tartu Press, pp.397-408.
  11. Rosabal-Coto, M., Quinn, N., Keller, H., Vicedo, M., Chaudhary, N., Gottlieb, A., Scheidecker, Murray, M., Takada, A., & G., Morelli, G. A. (2017). Real-world applications of attachment theory. In H. Keller and K. A. Bard (Eds.), The cultural nature of attachment: Contextualizing relationships and development. Struengmann Forum Reports, vol. 22, J. R. Lupp, series editor. Cambridge, MA: MIT Press, pp.335-354.
  12. Morelli, G. A., Chaudhary, N., Gottlieb, A., Keller, H., Murray, M., Quinn, N., Rosabal-Coto, M., Scheidecker, G., Takada, A., & Vicedo, M. (2017). Taking culture seriously: A pluralistic approach to attachment. In H. Keller and K. A. Bard (Eds.), The cultural nature of attachment: Contextualizing relationships and development. Struengmann Forum Reports, vol. 22, J. R. Lupp, series editor. Cambridge, MA: MIT Press, pp.139-169.
  13. 高田 明 (2017). 南西アフリカ(ナミビア)北中部のサンの定住化・キリスト教化. 池谷和信(編), 狩猟採集民からみた地球環境史: 自然・隣人・文明との共生. 東京: 東京大学出版会, pp.203-216.
  14. 高田 明 (2017). 再演される出産:ボツワナにおける再定住政策と異常出産の治療儀礼. 松岡悦子(編), 子どもを産む・家族をつくる人類学: オールタナティブへの誘い. 東京: 勉誠出版, pp.185-209.
  15. Takada, A. & Kawashima, M. (2016). Relating with an unborn baby: Expectant mothers socializing their toddlers in Japanese families. In A. Bateman & A. Church (Eds.), Children’s knowledge-in-interaction: Studies in conversation analysis. Springer, pp.211-229.
  16. Takada, A. (2016). Education and learning during social situations among the Central Kalahari San. In H. Terashima & B. S. Hewlett (Eds.), Social learning and innovation in contemporary hunter-gatherers: Evolutionary and ethnographic perspectives. Tokyo: Springer, pp.97-111.
  17. Takada, A. (2016). Unfolding cultural meanings: Wayfinding practices among the San of the Central Kalahari. In W. Lovis & R. Whallon (Eds.), Marking the Land: Hunter-gatherer creation of meaning in their environment. New York: Routledge, pp.180-200.
  18. 高田 明 (2016). 養育者-子ども間相互行為における「責任」の形成. In 高田 明・嶋田 容子・川島 理恵(編) (2016) 子育ての会話分析:おとなと子どもの「責任」はどう育つか. 京都: 昭和堂, pp.1-26.
  19. 遠藤智子・高田 明 (2016). 言うこと聞きなさい: 行為指示における反応の追求と責任の形成. In 高田 明・嶋田 容子・川島 理恵(編) (2016) 子育ての会話分析:おとなと子どもの「責任」はどう育つか. 京都: 昭和堂, pp.55-75.
  20. 川島理恵・高田 明 (2016). 家族をなすこと: 胎児とのコミュニケーションにおける応答責任. In 高田 明・嶋田 容子・川島 理恵(編) (2016) 子育ての会話分析:おとなと子どもの「責任」はどう育つか. 京都: 昭和堂, pp.171-198.
  21. 高田 明 (2015). 「ゴフマンのクラフトワーク: その言語人類学における遺産」中河伸俊・渡辺克典(編)『触発するゴフマン: やりとりの秩序の社会学』東京: 新曜社, pp. 229-255.
  22. 高田 明 (2015). 「暮らしのなかの子育て」道信良子(編)『いのちはどう生まれ、育つのか: 医療、福祉、文化と子ども』岩波ジュニア新書. 東京: 岩波書店, pp. 107-119.
  23. 高田 明 (2014). 「オバンボランドのクンと教育: 国家の枠組みを超えた教育の可能性. 澤村信英(編)『アフリカの生活世界と学校教育』東京: 明石書店, pp.52-71.
  24. Boden, G. & Takada, A. (2014). Kx’a Kinship classifications: A diachronic perspective. In A. Barnard, & G. Boden (Eds.), Southern African Khoisan kinship systems. Research in Khoisan Studies No. 30. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln, pp. 141-160.
  25. Takada, A. (2014). Kinship and caregiving practices among the Ekoka !Xun. In A. Barnard, & G. Boden (Eds.), Southern African Khoisan kinship systems. Research in Khoisan Studies Volume 30. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln, pp. 99-120.
  26. Takada, A. (2014). Surname and interethnic relationships among the Ekoka !Xun. In A. Barnard, & G. Boden (Eds.), Southern African Khoisan kinship systems. Research in Khoisan Studies Volume 30. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln, pp. 223-240.
  27. 高田 明 (2014). 「ポスト狩猟採集社会と子どもの社会化」池口明子・佐藤廉也(編)『ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第3巻: 身体と生存の文化生態』滋賀: 海青社, pp.225-249.
  28. 高田 明 (2013). 「行為の堆積を知覚する: グイ/ガナのカラハリ砂漠における道探索実践」片岡邦好・池田桂子(編)『コミュニケーション能力の諸相: 変移・共創・身体化』東京: ひつじ書房, pp.97-128.
  29. 高田 明 (2013). 「文化人類学の考え方: 文化と発達」日本発達心理学会(編), 田島信元・南徹弘(責任編集)『発達科学ハンドブック1: 発達心理学と隣接領域の理論・方法論』東京: 新曜社, pp.238-247.
  30. 高田 明 (2012). 「親密な関係の形成と環境: ナミビア北中部のクン・サンにおける養育者-子ども間相互行為の分析から」西真如・木村周平・速水洋子(編) 『講座 生存基盤論 第3巻, 人間圏の再構築: 熱帯社会の潜在力』京都: 京都大学学術出版会, pp.23-51.
  31. Takada, A. (2011). Language contact and social change in North-Central Namibia: Socialization via singing and dancing activities among the !Xun San. In O. Hieda, C. König & H. Nakagawa (Eds.), Tokyo University of Foreign Studies: Studies in Linguistics Vol.2, A Geographical Typology of African Languages: With special reference to Africa. Amsterdam/Philadelphia: John Benjamins, pp.251-267.
  32. Takada, A. (2011). Pre-verbal infant-caregiver interaction. In A. Duranti, E. Ochs, & B. B. Schieffelin (Eds.), The handbook of language socialization. Oxford: Blackwell, pp.56-80.
  33. 高田 明 (2010). 「相互行為を支えるプラグマティックな制約:セントラル・カラハリ・サンにおける模倣活動の連鎖組織」木村大治・中村美知夫・高梨克也(編)『インタラクションの境界と接続: サル・人・会話研究から』東京: 新樹社, pp.369-379.
  34. Takada, A. (2008). Recapturing space: Production of inter-subjectivity among the Central Kalahari San. In A. Irving, A. Sen, & N. Rapport (Eds.), Journeys: The International Journal of Travel and Travel Writing, 9(2), Senses of spatial equilibrium and the journey: Confounded, discomposed, recomposed. New York: Berghahn Journals, pp.114-137.
  35. Takada, A. (2008). Kinship and naming among the Ekoka !Xun. In S. Ermisch (Ed.), Research in Khoisan studies, No.22, Khoisan languages and linguistics: Proceedings of the 2nd International Symposium, January 8-12, 2006, Riezlern/Kleinwalsertal. Cologne, Germany: Rüdiger Köppe Verlag Köln, pp.303-322.
  36. Takada, A. (2008). Les pratiques de navigation dans le désert du Karahari (Botswana) chez les San: Exemple d’observation participante. In H. Norimatsu & N. Pigem (Eds.), Collection Cursus, psychologie: Les techniques d’observation en sciences humaines. Paris: Armand Colin, pp.132-141.
  37. 高田 明 (2008).「ナミビア北部におけるサンと権力との関係史」池谷和信・武内進一・佐藤廉也(編)『朝倉世界地理講座: 大地と人間の物語, 第12巻, アフリカⅡ』東京: 朝倉書店, pp.601-614.
  38. 高田 明 (2007). 「言葉の向こう側:セントラル・カラハリ・サンにおけるナヴィゲーション実践」 河合香吏(編)『生きる場の人類学: 土地と自然の認識・実践・表象過程』京都: 京都大学学術出版会, pp.141-183.
  39. Takada, A. (2007). Changing locality and ethnic cohesion among the San in Ohangwena, Namibia. In Y. Fujioka, & M. Iida (Eds.), ASAFAS Special Paper, No.9, Globalisation and locality in Southern Africa: Views from local communities. Kyoto: Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University, pp.75-90.
  40. 高田 明 (2006). 「グイ/ガナの養育者-乳児間相互行為:「サオ・カム」実践に関する覚え書き」菅野盾樹(編)『身体と動きの人間学』大阪: 大阪大学大学院人間科学研究科基礎人間科学講座基礎人間学・現代記号学研究分野, pp.95-104.
  41. Takada, A. (2005). Mother-infant interactions among the !Xun: Analysis of gymnastic and breastfeeding behaviors. In B. S. Hewlett & M. E. Lamb (Eds.), Hunter-gatherer childhoods: Evolutionary, developmental, and cultural perspectives . New Brunswick, NJ: Transaction Publishers, pp.289-308.
  42. Takada, A. (2005). The importance of gesture and grammar in displaying directional markers: Evidence from the San of the Central Kalahari. In K. Sugawara (Ed.), Construction and distribution of body resources: Correlations between ecological, symbolic and medical systems. Tokyo, Japan: The head office of the project on “Distribution and sharing of resources in symbolic and ecological systems: Integrative model-building in anthropology”, pp.31-55.
  43. 高田 明 (2005).「ブッシュマンは自然を覚えて旅をする」水野一晴(編) 『アフリカ自然学』東京: 古今書院, pp.183-194.
  44. 野中健一・高田 明 (2004)「砂漠の道標: セントラル・カラハリ・ブッシュマンのナヴィゲーション技術」野中健一 (編)『野生のナヴィゲーション: 民族誌から空間認知の科学へ』東京: 古今書院, pp.23-54.
  45. 高田 明 (2004).「移動生活と子育て:グイとガナにおけるジムナスティック場面の特徴」田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(編)『遊動民:アフリカの原野に生きる』京都: 昭和堂, pp.228-248.
  46. 高田 明 (2003). 「子どもの発達と文化: 心理学と人類学」片岡基明・吉田直子 (編)『子どもの発達心理学を学ぶ人のために』 京都: 世界思想社, pp.208-231.
  47. 高田 明 (2003). 「南部アフリカのサンにおける社会的相互行為の発達に関する研究」京都大学大学院人間・環境学研究科博士論文. 未公刊.
  48. 高田 明 (1998). 「狩猟採集民サンにおける乳幼児の発達と養育行動」京都大学人間・環境学研究科博士予備論文. 未公刊.

主な研究プロジェクト

  • 平成29~32年度(予定)科学研究費補助金(基盤研究B・特設分野研究)承認をめぐる間主観性の発達に関する研究(課題番号: 17KT0057)研究代表者)
  • 平成28~32年度(予定)科学研究費補助金(基盤研究A・海外学術調査)アフリカ狩猟採集民・農牧民のコンタクトゾーンにおける景観形成の自然誌(課題番号: 16H02726)研究代表者)
  • 平成24~27年度 科学研究費補助金(基盤研究A)教育・学習の文化的・生態学的基盤:リズム,模倣,交換の発達に関する人類学的研究(課題番号: 24242035)研究代表者)
  • 平成26年度 京都大学「いしずえ」研究支援制度「サン(ブッシュマン)のマルチモーダル・コミュニケーション・コーパス作成のための基盤整備」研究代表者)
  • 平成24~26年度 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)種間相互理解:ヒト-チンパンジー間相互行為における能力の構成(課題番号: 24650136)研究代表者)
  • 平成24~26年度 国立情報学研究所共同研究「養育者-乳幼児間インタラクションにおける相互モニタリング過程の記録・分析手法の開発」研究代表者)
  • 平成24~25年度年度 稲盛財団研究助成「サヴァンナの視覚文化: サン社会におけるジェスチャー・コミュニケーションに関する人類学的研究」研究代表者)
  • 2012年2〜9月 The UCLA Center for Language, Interaction, and Cultureにて,客員研究員(研究課題 "Linguistic anthropological study of responsibility formation in early caregiver-child interactions")として研究活動に従事
  • 平成19年度~平成23年度 科学研究費補助金(若手研究S)養育者-子ども間相互行為における責任の文化的形成(課題番号: 19672002(課題番号: 24650136)研究代表者)
  • 2007年7〜9月 The UCLA Center for Language, Interaction, and Cultureにて,客員研究員(研究課題 "Practices of early cultural learning: Responsibility in caregiver-infant interaction")として研究活動に従事
  • 平成17~平成19年度 科学研究費補助金(若手研究B)言語的社会化をめぐる養育者-子ども間相互行為に関する文化人類学的研究:WH質問-応答連鎖における「アセスメント」についての文化比較から(課題番号: 17720227)研究代表者)
  • 平成14~平成15年度 日本学術振興会特別研究員(PD)研究課題「サンの養育行動および乳幼児発達に関する人類学的研究(受付番号: 00754)研究代表者)

その他(受賞・学外委員・社会活動等)

  • August 2018 The 2018 Ursula Gielen Global Psychology Book Award of American Psychological Association for “The cultural nature of attachment: Contextualizing relationships and development” edited by H. Keller and K. A. Bard (co-author of Chapters 6 and 14)
  • 2017年 第32回大同生命地域研究奨励賞
  • 2007年〜 京都大学 乳幼児発達研究グル-プ:研究代表者(赤ちゃん研究員募集サイト
  • 2004年 第16回日本アフリカ学会研究奨励賞

連絡先

Mail:takada[at]jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)