金子 守恵(Morie KANEKO)
准教授
インタビュー(専攻サイト)

エチオピアにおいて女性の土器職人を対象とし、彼女たちの身体技法に注目してその継承と技術的な革新について人類学的な研究をすすめてきた。また、アフリカに暮らす人びとが環境と関わる過程で生成する「もの」として、工芸品、農産物、土産物、廃棄物などに着目し、グローバルな文脈におけるアフリカのものつくりをめぐる在来知の生成について考察している。コミュニティ博物館において、地元の人びととともに内発的発展につながる研究成果を発信する活動にも取り組んでいる。

専門分野 / 研究課題・キーワード

人類学、アフリカ地域研究 / 物質文化、身体技法、在来知、技法の継承、コミュニティ博物館

経歴

  • 1974年

    生まれる

  • 1998年

    弘前大学人文学部・卒業

  • 1998年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・入学

  • 2005年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・指導認定退学

  • 2005年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・研究員(COE)

  • 2006〜2008年

    日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2008年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・助教(特任)

  • 2011年

    京都大学大学院人間環境学研究科・助教

  • 2016年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・准教授

所属学会

  • 日本アフリカ学会
  • 日本ナイル・エチオピア学会
  • 日本民族芸術学会
  • 日本文化人類学会
  • 日本生態人類学会
  • International Union of Anthropological and Ethnological Science
  • International Society of Ethnobiology など

著書・編著書

  1. M. KANEKO & M.SHIGETA (eds.) . 2020. ZAIRAICHI-MNGD Special Issue 01: Making Networks for Global Development (ZAIRAICHI No.2).
  2. M. KANEKO & M.SHIGETA (eds.) . 2020. Reconsidering Local Knowledge and Beyond (African Study Monographs Supplementary issue No.59.). Center for African Area Studies, Kyoto University.
  3. 金子守恵. 2011. 土器つくりの民族誌』昭和堂.
  4. Kaneko, M. and M. Shigeta eds. 2013. Gender-based Knowledge and Techniques in Africa (African Study Monographs, Supplementary Issue 46). Center for African Area Studies, Kyoto University.
  5. 重田眞義・金子守恵(編). 2013. ZAIRAICHI:アフリカにおける社会的な性差を基盤にした知識や技法を理解するためのあらたなアプローチ』京都大学アフリカ地域研究資料センター.

論文等

  1. 金子守恵. 2019. 使い終えた授業ノートをめぐって―ゴミとして識別されていく過程を人—「もの」関係としてとらえる試み」床呂郁哉・河合香吏(編). ものの人類学2―人間と非人間のダイナミクス』京都大学学術出版会, 247–252.
  2. M. KANEKO, A. IKEDA & M.SHIGETA. 2020. Outreach Activities Undertaken in the MNGD Project in 2019. ZAIRAICHI No.2 ZAIRAICHI-MNGD Special issue 01: 37–45.
  3. M. KANEKO & M.SHIGETA. 2020. Overview of the Component 3, Social Implementation in 2019. In M. KANEKO & M.SHIGETA (eds.). ZAIRAICHI No.2 ZAIRAICHI-MNGD Special issue 01: 21–28.
  4. M. KANEKO & M.SHIGETA. 2020. Kyoto University’s Research and Education in Ethiopia with a Focus on South Omo Zone. In M. KANEKO & M.SHIGETA. ZAIRAICHI No.2 ZAIRAICHI-MNGD Special issue 01: 13–19.
  5. M. KANEKO & M.SHIGETA. 2020. Introduction to This Special Issues: “Making Networks for Global Development”. In M. KANEKO & M.SHIGETA (eds.) . ZAIRAICHI No.2 ZAIRAICHI-MNGD Special issue 01: 1–5.
  6. Tefera, Samuel & KANEKO, Morie. 2020. Sustaining Life amid Growing Uncertainties: Hamer Womens' Engagement in Land Management. In M. KANEKO & M.SHIGETA (eds.). Reconsidering Local Knowledge and Beyond (African Study Monographs, Supplementary issue No.59): 69–82. DOI: 10.14989/250119.
  7. M. KANEKO & M.SHIGETA. 2020. Introduction to This Special Topic "Reconsidering Local Knowledge and Beyond". In M. KANEKO & M.SHIGETA (eds.) . Reconsidering Local Knowledge and Beyond (African Study Monographs Supplementary issue No.59): 1–9. DOI: 10.14989/250115.
  8. 金子守恵. 2007. 手指をつかって土器をつくる:エチオピア西南部アリ女性職人の身体技法」菅原和孝(編). 身体資源の構築と共有』資源人類学 9. 弘文堂, 113–140.
  9. 金子守恵. 2007. エチオピア西南部における土器職人のテクノ・ライフヒストリー:人生の軌跡に技術の変化を跡づける試み」後藤明(編). 土器の民族考古学』同成社, 15–25.
  10. 金子守恵. 2006. 生業としての土器づくり:エチオピア西南部の土器づくりの地域間比較にむけてアジア・アフリカ地域研究』6(2): 522–539.
  11. Kaneko, M. 2005. Learning Process of Pottery Making in Ari people, Southwestern Ethiopia Environment. In Shigeta, M. and Y. Gebre eds. Environment, Livelihood and Local Praxis in Asia and Africa (African Study Monographs. Supplementary Issue 29). Kyoto: Center for African Area Studies, Kyoto University, 73–81. DOI: 10.14989/68443.
  12. 金子守恵. 2005. 地縁技術としての土器づくり:エチオピア西南部アリ地域における土器の野焼き」アフリカ研究』67: 1–18.
  13. Kaneko, M. 2014. ‘I Know How to Make Pots by Myself’: Special Reference to Local Knowledge Transmission in Southwestern Ethiopia. In Shigeta, M., M. Hebo, and M. NishiI eds. Livelihood, Development and Local Knowledge on the Move (African Study Monographs. Supplementary Issue 48). Kyoto: Center for African Area Studies, Kyoto University, 59–75. DOI: 10.14989/185110.
  14. Kaneko, M. 2013. Pratiques Potieres dans la Corne de L’afrique. In Guy, H., A. Jeanjean and A. Richier eds. Techniques & Culture Numero (Le Cadavre en procès) 60: 202–221.
  15. 金子守恵. 2013. ことばを介さない土器のやりとりとあらたな器種の創造:エチオピア西南部の定期市における土器の売買を手がかりにして」物質文化』93: 17–30.
  16. Kaneko, M. 2013. Transmigration among Aari Women Potters in Southwestern Ethiopia and the Accumulation of their Experience in Pottery-making Techniques. In Kaneko, M. and M. Shigeta eds. Gender-based Knowledge and Techniques in Africa (African Study Monographs. Supplementary Issue 46). Kyoto: Center for African Area Studies, Kyoto University, 81–96. DOI: 10.14989/173540.
  17. Kaneko, M. and M. Shigeta. 2013. Preface. In Kaneko, M. and M. Shigeta eds. Gender-based Knowledge and Techniques in Africa (African Study Monographs. Supplementary Issue 46). Kyoto: Center for African Area Studies, Kyoto University, 1–4. DOI: 10.14989/173544.
  18. 金子守恵. 2012. 交渉する手指:エチオピア西南部女性土器職人による身体を介した環境との関わり」文化人類学』77(1): 60–83.
  19. Kaneko, M. 2012. Open Firing Techniques as Community-based Technology: The Case of the Ari Pottery Making in Southwestern Ethiopia. Nilo-Ethiopian Studies 17: 1–26.
  20. Kaneko, M. 2010. Variations in Pottery Making in Southwestern Ethiopia. Aethiopistische Forschungen 72: 187–199.
  21. 金子守恵. 2011. 土器つくりを知っている」床呂郁哉・河合香吏(編). ものの人類学』京都大学出版会, 133–156.
  22. Kaneko, M. 2007. Variations in Pottery Making by Ari Potters in Southwestern Ethiopia: Analysis of the Finger Movement Patterns Used in Forming Pots. Nilo-Ethiopian Studies 11: 1–15.
  23. Kaneko, M. 2016. Absence de Restes dans une Societe Non Occidentale, Les Ari du Sud-Ouest de L’Ethiopie. In Joulian F., Y. Tastevin and J. Furniss eds. Techniques & Culture Numero (Réparer le Monde) 65–66: 134–137.
  24. Kaneko, M. 2016. Variations in Shape, Local Classification, and the Establishment of a Chaîne Opératoire for Pot Making among Female Potters in Southwestern Ethiopia. In Terashima, H. and B. Hewlett eds. Social Learning and Innovation in Contemporary Hunter-gatherers: Evolutionary and Ethnographic Perspectives. Tokyo: Springer, 217–227. DOI: 10.1007/978-4-431-55997-9_18.
  25. 金子守恵. 2015. 民族生物学会第14回国際学術会議報告(於ブータン)」文化人類学』79(4): 433–438.
  26. Kaneko, M. 2015. Collections and Archives on Ethiopian Studies at the Frobenius Institute. Nilo-Ethiopian Studies 20: 33–40.
  27. Shigeta, M. and M, Kaneko. 2017. ZAIRAICHI (Local Knowledge) as the Manners of Co-existence: Encounters between the Aari Farmers in Southwestern Ethiopia and the ‘Other’. In Gebre, Y. D. et al eds. African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions. Bamenda: Langaa RPCIG, 311–338.
  28. 重田眞義・金子守恵. 2016. 共存の作法としての在来知:エチオピア西南部に暮らす農耕民アリと『他者』との出会い」松田素二・平野(野元)美佐(編). 太田至(シリーズ総編集). 紛争をおさめる文化:不完全性とブリコラージュの実践』アフリカ潜在力1. 京都大学学術出版会, 277–310.

展示

  1. 金子守恵. 2015. エチオピアとにし阿波の不思議な作物』徳島県つるぎ町:織本屋.(2015年12月6–12日).
  2. 金子守恵. 2015. ふしぎな植物エンセーテ展:エンセーテをめぐる人びとの知恵と創造』京都:京都大学博物館エントランス.(2015年1月21日–2月8日).
  3. 金子守恵. 2013. Special exhibition on Ensete and Aari People. Jinka: South Omo Research Center and Museum, Ethiopia. (1st Sep 2013–15th Mar 2014).
  4. 金子守恵. 2008. ものつくりのフィールドで出会う:アフリカ、アジア、オセアニアにおけるモノがむすぶ社会関係』京都:京都大学時計台百周年記念館1階サロン.(2008年12月1–26日).

主な研究プロジェクト

  • 2014~2017年度 日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C)現代アフリカにおける土器をめぐる創造的実践知の生成とマテリアリティの変成」

その他(受賞・学外委員・社会活動等)

  • 1999年度 講談社野間アジア・アフリカ奨学金
  • 2010年度 日本ナイル・エチオピア学会第16回高島賞
  • 2007年度〜現在 NPO法人アジアとアフリカをつなぐ会・理事

連絡先

Mail:kaneko [at] jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)