センターの活動

シンポジウム

これまで京都大学は、国内外の研究者や研究教育機関とともに、文系理系を問わず幅広い分野においてアフリカ研究を進めてきました。その研究成果を広く公開するとともに、今後の研究展望を議論する機会として、アフリカ地域研究資料センターでは、アフリカに関わる様々なテーマのもとでシンポジウムを開催しています。2016年度以前の開催記録は、センター旧サイトをご覧ください。

TICAD7パートナー事業・シンポジウム

このシンポジウムでは、アフリカ研究に関わる日本国内の代表的な大学・研究機関が取組みを紹介し、その可能性や課題について実務家を交え意見交換を行います。

アフリカ研究総覧 EC

公開シンポジウム「アフリカで身を起こす」

このシンポジウムでは、ナイル川水系のアフリカ社会で起業した方を講演者に招き、その経験を地域の人びととの関わりを介して語っていただきます。

公開シンポジウム「アフリカで身を起こす」

公開国際シンポジウム「アフリカ潜在力」

京都大学アフリカ地域研究資料センターとアフリカ学際研究拠点推進ユニットでは、公開国際シンポジウムを開催いたします。

公開国際シンポジウム「アフリカ潜在力」

日本=フランス 地域研究フォーラム

京都大学アフリカ地域研究資料センターでは12月1・2・3日、フランス社会科学高等研究院(EHESS)と共同で、国際シンポジウム「France-Japan Area Studies Forum(フランス=日本・地域研究フォーラム)」を開催します。

日仏シンポ2017
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.