メンバー紹介

センター研究員

加藤(山内)珠比

サブ・サハラアフリカの農業・農村社会開発とそれに関わるステークホールダーの動き、社会経済的格差の拡大、それに対する貧困削減について研究しています。

特定研究員(COMÉCA)

SATREPS「在来知と生態学的手法の統合による革新的な森林資源マネジメントの共創」(代表:安岡 宏和/京都大学 アフリカセンター・准教授)の研究員です。

SATREPS COMECA

本郷 峻

霊長類の社会構造に興味を持ち、マンドリルの社会生態学的研究をしてきました。今後は、カメルーンで哺乳類の密度推定と個体群生態学を研究する予定です。

Hongo

特定研究員(MNGD)

SATREPS「特殊土地盤上道路災害低減に向けた植物由来の土質改良材の開発と運用モデル」(代表:木村 亮/京都大学 大学院工学研究科・教授)の研究員です。

MNGD EC

松隈 俊佑

アフリカ地域社会の在来知や在来性に関心があり、現地で開発事業に携わりつつ考察を深めています。地域社会の実践がいかに開発事業を支えるか研究しています。

MATSUKUMA
« 1 2
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.