エチオピア高地文明の成立基盤:生態人類学的視点から
Ecological Anthropology of the Foundation of the Ethiopian Highlands Civilization

内容

All dynasties that have prospered in Ethiopia have arisen in the highlands, around 2,500 meters above sea level, from the D’mt kingdom that arose around 3,000 years ago to the last emperor, Haile Selassie I (1892–1975), who died in Addis Ababa. As many have noted, the highlands may have been the site of the center of power in Ethiopia because they were easy to defend against external aggressors, such as lowland groups; their cool or even cold climate was comfortable and hosted fewer pests to humans and livestock; they possessed rich forests whose resources were used for construction and fuel; they could host cultivated plants that were adapted to highland climates (such as barley, oats, fava beans, peas, flaxes, and Abyssinian mustard); and they had plentiful water, relative to the lowlands. However, it is interesting to note that, among the above factors, major food plants of Ethiopian origin, such as tef, enset, and coffee, which supported city livelihoods, were produced at relatively low altitudes and transported to the highlands. In this talk, I contend that for the importance of the lowlands that surround high-altitude civilization, using ecological–anthropological observations. Discussion of Ethiopian highland civilization must include ecology, livelihoods and production, governing power and land systems, and trade and means of transportation.

講師

重田 眞義(京都大学アフリカ地域研究資料センター・センター長,教授)

解説

クリストフ・ベルクマン(ハイデルベルク大学・南アジア研究所・講師)

日時・場所

2019年6月26日水)18時15分〜20時00分(18時より受付)
Hörsaal 06, Neue Universität, Universitätsplatz 1, ハイデルベルク, ドイツ

プログラム

18:15

開 会

18:30

レクチャー
重田 眞義
(京都大学アフリカ地域研究資料センター・センター長,教授)

19:10

解 説
クリストフ・ベルクマン
(ハイデルベルク大学・南アジア研究所・講師)

19:30

質疑応答・ディスカッション

20:00

閉 会

言語

英語(通訳なし)

司会

神野 智世子(京都大学学術研究支援室・シニア リサーチ・アドミニストレーター)

対象

どなたでもご参加いただけます。
参加費は無料です。

お申し込み

事前登録は任意です。お申し込みされる方は、氏名・所属機関を記載の上、6月20日(月)までに下記のメールアドレス宛にご連絡ください。

お問い合わせ先

京都大学欧州拠点(KUEC)
Tel:+49-(0)6221-54 30034
Mail:info_eu [at] oc.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)

講師プロフィール

重田 眞義

京都大学アフリカ地域研究資料センター・センター長,教授。
アフリカ農業における諸問題をヒト−植物関係論 [農業科学、人類学、生態学、栽培植物起源学、民族植物学(エスノボタニー)、ドメスティケーション論 など] の立場から考察してきた。 アフリカの人々によって培われてきた文化的資源としての有用植物とそれに関する民俗知識の分析を通じて地域社会における発展の問題に取り組んでいる。

クリストフ・ベルクマン

ハイデルベルク大学・南アジア研究所・講師。
インド、中国、ネパール国境三角地帯における、通商・民族的アイデンティティ・移動生活に関する論文で、社会/文化人類学の博士号を取得。ナショナル・ジオグラフィック探検家でもあり、高等教育のため南アジアを目指すアフリカの若者の移住について、領域横断的な研究をおこなっている。