池野 旬(Jun IKENO)
教授
インタビュー(専攻サイト)

東アフリカの半乾燥地帯農村を対象とし、 都市への移動労働をも含めた生業構成の多様性の解析を通じて、 農村社会経済構造の変化を解明してきた。対外的な政治・経済・社会環境変化に対する地域社会の適応過程と、 地域社会自らの変容に対する内発的契機とを複合して、 農村変容の動態的分析を試みている。この数年は、 タンザニア北部の北パレ山麓で7月から10月の乾季に実践されている乾季灌漑作の実態調査を継続的に行い、 乾季灌漑作の持つ社会経済的意義を検討している。

専門分野

東アフリカ農村社会経済論

研究課題

国家・国際レベルでの開発思潮の変動と、それに適応・対抗する東アフリカ農村世帯(とくにタンザニア)の生計戦略のあり方

キーワード

タンザニア、灌漑農業、地域の主体性、ミクロ-マクロ・ギャップ

経歴

  • 1955年

    大阪府生まれ

  • 1973年

    私立甲陽学院高等学校卒業

  • 1978年

    東京大学経済学部経済学科卒業

  • 1978年

    アジア経済研究所入所・調査研究(東アフリカ地域研究)

  • 1982〜84年

    アジア経済研究所海外派遣員としてケニア共和国に赴任

  • 1990〜93年

    アジア経済研究所海外調査員としてタンザニア連合共和国に赴任

  • 1997年

    京都大学大学院人間境学研究科・助教授

  • 1998年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・助教授

  • 2001〜03年

    国際協力事業団長期専門家(担当:社会経済)としてタンザニア連合共和国ソコイネ農業大学地域開発センターに出張

  • 2007年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・准教授

  • 2008年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・教授

所属学会

  • 日本アフリカ学会
  • 政治経済学・経済史学会
  • 日本村落研究学会
  • 日本国際地域開発学会

著書・編著書

  1. Ikeno, J., G. Ueda and U. Tanaka eds. 2018. Resources Vitalizing Local Societies in Tanzania (African Study Monographs, Supplementary Issue 55). Kyoto: Center for African Area Studies, Kyoto University.
  2. Ikeno, J. ed. 2011. Food Security and Livelihood in Rural Africa (African Study Monographs, Supplementary Issue 42). Kyoto: Center for African Area Studies, Kyoto University.
  3. 池野旬. 2010. アフリカ農村と貧困削減:タンザニア 開発と遭遇する地域』京都大学学術出版会.
  4. Ikeno, J. ed. 2007. African Coffee Economy at the Crossroads: The Cases from Tanzania, Ethiopia and Rwanda (African Study Monographs, Supplementary Issue 35). Kyoto: Center for African Area Studies, Kyoto University.
  5. 池野旬(編). 1999. アフリカ農村像の再検討』アジア経済研究所.
  6. 池野旬・武内進一(編). 1998. アフリカのインフォーマル・セクター再考』アジア経済研究所.
  7. 細見眞也・島田周平・池野旬. 1996. アフリカの食糧問題:ガーナ・ナイジェリア・タンザニアの事例』アジア経済研究所.
  8. 池野旬. 1989. ウカンバニ:東部ケニアの小農経営』アジア経済研究所.

論文等

  1. 池野旬. 2017. 現代タンザニア土地政策の構図:『慣習的』土地権と国土利用計画」武内進一(編). 現代アフリカの土地と権力』アジア経済研究所, 173–200.
  2. 池野旬. 2015. タンザニアにおける土地政策の変遷:慣習的な土地権に着目して」武内進一(編). アフリカ土地政策史』アジア経済研究所, 121–145.
  3. 池野旬. 2003. タンザニアの貧困削減政策をめぐって」アジア・アフリカ地域研究』3: 224–236.
  4. 池野旬. 2001. 独立後タンザニア経済と構造調整政策」秋元英一(編). グローバリゼーションと国民経済の選択』東大出版会, 245–276.
  5. 池野旬. 1995. 構造調整政策下のタンザニア農業:農業政策と生産の担い手」原口武彦(編). 構造調整とアフリカ農業』アジア経済研究所, 11–56.
  6. Ikeno, J. 1992. Tanzanian Agriculture under the Structural Adjustment Programmes: with Special Reference to Two Villages in Kilimanjaro Region. In IDE Africa Project Team ed. African Political Economy in Transition (Africa Research Series No.5). Tokyo: Institute of Developing Economies, 82–111.
  7. 池野旬. 1990. ケニア脱植民地過程におけるヨーロッパ人大農場部門の解体」アジア経済』31(5): 6–26.
  8. 池野旬. 1988. ケニアの農村階層分化に関する一考察:移動労働者の送金をめぐって」アジア経済』29(7/8): 55–76.
  9. 池野旬. 1987. ケニアの乾燥地・半乾燥地(ASAL)開発計画」吉田昌夫(編). 80年代アフリカ諸国の経済危機と開発政策』アジア経済研究所, 179–211.
  10. 池野旬. 1986. ケニアにおける農業開発と貧困問題:1983年世銀報告の検討」アジア経済』27(5): 61–76.
  11. 池野旬. 1985. 東部ケニアの半乾燥地における土地登記と土地所有:土地取得・処分手段を中心にアフリカ研究』27: 91–106.
  12. 池野旬. 1981. タンザニア、スクマランドにおける棉生産:その拡大・停滞過程と政策的対応」アジア経済』22(11/12): 57–80.
  13. 池野旬. 1979. タンザニア、ハヤ族の土地保有制度:ニャルバンジャ制度とスクウォッター制度」アジア経済』20(12): 77–89.

主な研究プロジェクト

  • 平成25〜29年度 科学研究費補助金(基盤研究A)アフリカにおける地方経済活性化と資源保全に関する実証研究:タンザニアの事例」

その他(受賞・学外委員・社会活動等)

  • 1990年 日本アフリカ学会第2回研究奨励賞授賞(単著『ウカンバニ-東部ケニアの小農経営-』に対して)
  • 1998年 NIRA(総合研究開発機構)第14回東畑精一記念賞(分担執筆した宮本正興・松田素二編『新書アフリカ史』に対して)

連絡先

Mail:ikeno [at] jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)