市野 進一郎(Shinichiro ICHINO)
科研研究員

マダガスカル南部に生息するワオキツネザルの社会進化、生態、および保全に関する研究をおこなっています。マダガスカルはアフリカ大陸の南東に位置する巨大な島で、固有種の割合が非常に高い独自の生態系が進化したことから、「進化の実験室」とも呼ばれています。その一方で、森林の90%以上がすでに消失したと推定されており、そこに生息する動植物は絶滅の危険性が高い状態にあります。私は、ワオキツネザルを対象にした長期継続調査をおこなうことで、マダガスカルの霊長類の生活史特性や繁殖構造などを明らかにすると同時に、森林消失の著しい地域における生物多様性の保全について考えています。

専門分野 / 研究課題・キーワード

霊長類学 / 社会進化、繁殖戦略、キツネザル、マダガスカル

経歴

  • 1994年

    愛知県立国府高等学校・卒業

  • 1998年

    広島大学総合科学部(自然環境研究コース)卒業

  • 2004年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科・博士一貫課程修了 / 京都大学博士(地域研究)授与

  • 2004年

    京都大学研修員(京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科)

  • 2006年

    日本学術振興会特別研究員PD(京都大学大学院理学研究科)

  • 2009年

    京都大学霊長類研究所・非常勤研究員

  • 2009年

    ドイツ霊長類センター・客員研究員(キヤノンヨーロッパ財団リサーチフェロー)

  • 2011年

    ドイツ霊長類センター・客員研究員

  • 2012年

    ドイツ霊長類センター・客員研究員

  • 2010年

    京都大学霊長類研究所・教務補佐員

  • 2013年

    金沢大学 先端科学イノベーション推進機構・博士研究員(URA)

  • 2014年

    京都大学アフリカ地域研究資料センター・研究員

  • 2016年

    京都大学 大学院アジアアフリカ地域研究研究科・研究員

  • 2017年

    京都大学 大学院アジアアフリカ地域研究研究科・研究員

  • 2016年

    ドイツ霊長類センター・客員研究員

  • 2014年

    京都大学 アフリカ地域研究資料センター・特任研究員

  • 2018年

    同志社大学 理工学部・嘱託講師

  • 2018年

    京都大学 アフリカ地域研究資料センター・特任助教

  • 2019年

    ドイツ霊長類センター・客員研究員

所属学会

  • 日本霊長類学会
  • 日本アフリカ学会
  • 国際霊長類学会
  • マダガスカル研究懇談会
  • 日本動物行動学会

著書・編著書等

  1. Ichino, S. and T. Maehata. 2017. Biby sy Vorona eto Berenty. Kyoto University Lemur Research Team, 58 pp.
  2. 市野進一郎. 2017. シロアシイタチキツネザル」京都大学霊長類研究所(編). 世界で一番美しいサルの図鑑』エクスナレッジ, 124–125.
  3. 市野進一郎. 2017. インドリ」京都大学霊長類研究所(編). 世界で一番美しいサルの図鑑』エクスナレッジ, 128.
  4. 市野進一郎. 2017. ダイアデムシファカ」京都大学霊長類研究所(編). 世界で一番美しいサルの図鑑』エクスナレッジ, 130–131.
  5. 市野進一郎. 2017. ベローシファカ」京都大学霊長類研究所(編). 世界で一番美しいサルの図鑑』エクスナレッジ, 134–135.
  6. 市野進一郎. 2017. クロキツネザル」京都大学霊長類研究所(編). 世界で一番美しいサルの図鑑』エクスナレッジ, 142.
  7. 市野進一郎. 2017. ワオキツネザル」京都大学霊長類研究所(編). 世界で一番美しいサルの図鑑』エクスナレッジ, 148–151.
  8. 市野進一郎. 2017. ニシフォークキツネザル」京都大学霊長類研究所(編). 世界で一番美しいサルの図鑑』エクスナレッジ, 154.
  9. 市野進一郎. 2017. セアカネズミキツネザル」京都大学霊長類研究所(編). 世界で一番美しいサルの図鑑』エクスナレッジ, 158.
  10. Ohta, I., S. Oyama, T. Sagawa, and S. Ichino eds. 2014. Conflict Resolution and Coexistence: Realizing African Potentials (African Study Monographs, Supplementary Issue 50). Kyoto: Center for African Area Studies, Kyoto University.
  11. 市野進一郎. 2013. 哺乳類・発展途上の多様性研究」深澤秀夫・森山工・飯田卓(編). マダガスカルを知るための60章』明石書店, 33–37.
  12. 市野進一郎. 2013. 国立公園・生物多様性のホットスポット」深澤秀夫・森山工・飯田卓(編). マダガスカルを知るための60章』明石書店, 229–233.
  13. 市野進一郎. 2009. ベレンティ保護区」宗近功(編). レムール:マダガスカルの不思議なサルたち』東京農業大学出版会, 88–93.

論文等

  1. Ichino S., T. Maehata, H. Rakotomanana and F. Rakotondraparany. 2018. Forest Vertebrate Fauna and Local Knowledges Among the Tandroy People in Berenty Researve, Southern Madagascar: A Preliminary Study. In Takada, A ed. Reconstructing the Paradigm of African Area Studies in a Globalizing World (African Study Monographs. Supplementary Issue 54). Kyoto: The Center for African Area Studies, 115–135. DOI: 10.14989/230156.
  2. Ichino, S., T. Soma, N. Miyamoto, K. Chatani, H. Sato, N. Koyama and Y. Takahata. 2015. Lifespan and Reproductive Senescence in a Free-ranging Ring-tailed Lemur (Lemur catta) Population at Berenty, Madagascar. Folia Primatologica 86: 134–139.
  3. Sato, H., S. Ichino and G. Hanya. 2014. Dietary Modification by Common Brown Lemurs (Eulemur fulvus) during Seasonal Drought Conditions in Western Madagascar. Primates 55: 219–230.
  4. Takahata Y., N. Koyama, S. Ichino, N. Miyamoto, T. Soma and M. Nakamichi. 2014. Female Coexistence and Competition in Ringtailed Lemurs: A Review of a Long-term Study at Berenty, Madagascar. In Yamagiwa J. and L. Karczmarski eds. Primates and Cetaceans. New York: Springer, 129–147. DOI: 10.1007/978-4-431-54523-1_7.
  5. 茶谷薫・市野進一郎・川本芳・佐藤宏樹・アンナ·シュネル. 2014. ワオキツネザルの前腕臭腺分析 II名古屋芸術大学研究紀要』35: 225–231.
  6. Ichino, S., K. Chatani, Y. Kawamoto, H. Sato, A. Schnöll, T. Soma, N. Koyama, M. Aimi and Y. Takahata. 2013. Decrease in the Body Mass of Wild Ringtailed Lemurs at Berenty Reserve in Madagascar with Environmental Changes. African Study Monographs 34(2): 109–118. DOI: 10.14989/179134.
  7. Takahata Y., N. Koyama, S. Ichino, N. Miyamoto, T. Soma and M. Nakamichi. 2013. Do Ringtailed Lemurs Exhibit a Skewed Birth Sex Ratio Depending on Social and Environmental Situations? A Preliminary Analysis of a Wild Population. African Study Monographs 34(1): 57–64. DOI: 10.14989/173532.
  8. 茶谷薫・市野進一郎・宮本直美・相馬貴代. 2013. ワオキツネザルのアカンボウの剖検と死因の推定名古屋芸術大学紀要』34: 179–184.
  9. Ichino S, T. Soma and N. Koyama. 2013. The Impact of Alopecia Syndrome on Female Reproductive Parameters in Ring-tailed Lemurs (Lemur catta) in Berenty Reserve, Madagascar. In Masters J., M. Gamba, F. Genin and R. Tuttle eds. Leaping Ahead: Advances in Prosimian Biology. New York: Springer, 377–386.
  10. 茶谷薫・宮本直美・市野進一郎・川本芳・ラザイアリベル·クリスティン. 2012. ワオキツネザルの顔面特徴 : サル用デジタルカメラ顔認識機能開発のための試み名古屋芸術大学研究紀要』33: 189–196.
  11. Ichino S. and H. Rambeloarivony. 2011. New Cases of Vertebrate Predation by the Ring-tailed Lemur (Lemur catta), with References to the Difference from Eulemur Species and Other Primates. African Study Monographs 32(2): 69–80. DOI: 10.14989/143673.
  12. 茶谷薫・宮本直美・市野進一郎・川本芳・ラザイアリベル·クリスティン. 2011. ワオキツネザルの前腕臭腺分析名古屋芸術大学研究紀要』32: 241–249.
  13. 茶谷薫・宮本直美・市野進一郎・川本芳・ラザイアリベル·クリスティン. 2010. ワオキツネザルの尾の中身」名古屋芸術大学研究紀要』31: 285–292.
  14. Takahata Y., N. Koyama, S. Ichino, N. Miyamoto and M. Nakamichi. 2008. The Relationship between Female Rank and Reproductive Parameters of Ringtailed Lemur: A Preliminary Analysis. Primates 49(2): 135–138. DOI: 10.1007/s10329-007-0076-8.
  15. Koyama N., M. Aimi, Y. Kawamoto, H. Hirai, Y. Go, S. Ichino and Y. Takahata. 2008. Body Mass of Wild Ring-tailed Lemurs in Berenty Reserve, Madagascar, with Reference to Tick Infestation: a Preliminary Analysis. Primates 49(1): 9–15. DOI: 10.1007/s10329-007-0051-4.
  16. 市野進一郎. 2007. マダガスカル,ベレンティ保護区におけるキツネザル類の保全状況とその課題アジア・アフリカ地域研究』6(2): 197–214.
  17. Ichino S. 2006. Troop Fission in Wild Ring-tailed Lemurs (Lemur catta) at Berenty, Madagascar. American Journal of Primatology 68(1): 97–102. DOI: 10.1002/ajp.20208.
  18. Ichino S. and N. Koyama. 2006. Social Changes in a Wild Population of Ringtailed Lemurs (Lemur catta) at Berenty, Madagascar. In Jolly, A., R. W. Sussman, N. Koyama and H. Rasamimanana eds. Ringtailed Lemur Biology: Lemur catta in Madagascar. New York: Springer, 234–244. DOI: 10.1007/978-0-387-34126-2_14.
  19. Koyama N., T. Soma, S. Ichino and Y. Takahata. 2006. Home Ranges of Ringtailed Lemur Troops and the Density of Large Trees at Berenty Reserve, Madagascar. In Jolly, A., R. W. Sussman, N. Koyama and H. Rasamimanana eds. Ringtailed Lemur Biology: Lemur catta in Madagascar. New York: Springer, 86–101. DOI: 10.1007/978-0-387-34126-2_7.
  20. Crawford G. C., L. E. Andriafaneva, K. Blumenfeld-Jones, G. Calaba, L. Clarke, L. Gray, S. Ichino, A. Jolly, N. Koyama, A. Mertl-Millhollen, S. Ostpak, R. E. Pride, H. Rasamimanana, B. Simmen, T. Soma, L. Tarnaud, A. Tew and G. Williams. 2006. Bald Lemur Syndrome and the Miracle Tree: Alopecia Associated with Leucaena leucocephala at Berenty Reserve, Madagascar. In Jolly, A., R. W. Sussman, N. Koyama and H. Rasamimanana eds. Ringtailed Lemur Biology: Lemur catta in Madagascar. New York: Springer, 332–342. DOI: 10.1007/978-0-387-34126-2_19.
  21. Takahata Y., N. Koyama, S. Ichino, N. Miyamoto and M. Nakamichi. 2006. Influence of Group Size on Reproductive Success of Female Ring-tailed Lemurs: Distinguishing between IGFC and PFC Hypotheses. Primates 47(4): 383–387. DOI: 10.1007/s10329-006-0185-9 .
  22. Ichino S. 2005. Attacks on a Wild Infant Ring-tailed Lemur (Lemur catta) by Immigrant Males at Berenty Reserve, Madagascar: Interpreting Infanticide by Males. American Journal of Primatology 67(2): 267–272. DOI: 10.1002/ajp.20183.
  23. Koyama N., S. Ichino, M. Nakamichi and Y. Takahata. 2005. Long-term Changes in Dominance Ranks among Ring-tailed Lemurs at Berenty Reserve, Madagascar. Primates 46(4): 225–234. DOI: 10.1007/s10329-005-0155-7.
  24. 小山直樹・相馬貴代・市野進一郎・高畑由起夫. 2005. マダガスカル,ベレンティ保護区におけるワオキツネザルの行動域と大木の密度」アフリカ研究』66: 1–12. DOI: 10.11619/africa1964.2005.1.
  25. Takahata Y., N. Koyama, S. Ichino and N. Miyamoto. 2005. Inter- and Within-troop Competition of Female Ringtailed Lemurs; a Preliminary Report. African Study Monographs 26: 1–14. DOI: 10.14989/68237.
  26. Sussman R. W., Andrianasolondraibe, T. Soma and S. Ichino. 2003. Social Behavior and Aggression among Ringtailed Lemurs. Folia Primatologica 74(3): 168–172. DOI: 10.1159/000070652.
  27. Koyama N., M. Nakamichi, S. Ichino and Y. Takahata. 2002. Population and Social Dynamics Changes in Ring-tailed Lemur Troop at Berenty, Madagascar between 1989-1999. Primates 43(4): 219–314. DOI: 10.1007/BF02629604.
  28. Koyama N., M. Nakamichi, R. Oda, N. Miyamoto, S. Ichino and Y. Takahata. 2001. A Ten-year Summary of Reproductive Parameters for Ring-tailed Lemurs at Berenty, Madagascar. Primates 42(1): 1–14. DOI: 10.1007/BF02640684.

その他の印刷公表物

  1. 市野進一郎. 2015. マダガスカル北部マジュンガにおけるコモロ人虐殺事件」太田至(編). アフリカ紛争・共生データアーカイブ』第2巻: 46.
  2. 太田至,大山修一,市野進一郎. 2015. アフリカの潜在力とは何だろう?京都大学アカデミックデイ2015:ポスター/展示』.
  3. 市野進一郎. 2014. ベレンティ保護区のワオキツネザル研究」マダガスカル研究懇談会ニュースレターSERASERA』31: 3–6.
  4. 市野進一郎. 2009. 昼も夜も動き回る:アカビタイチャイロキツネザル」世界通信社 教材科学ニュース』1963(1).
  5. 市野進一郎. 2009. 岩山に暮らすワオキツネザル」世界通信社 教材科学ニュース』1949(1).
  6. 市野進一郎. 2008. 大きな体で大ジャンプ:インドリ」世界通信社 教材科学ニュース』1938(1).
  7. 市野進一郎. 2008. 森の植物食者:ベローシファカ」世界通信社 教材科学ニュース』1925(1).
  8. 市野進一郎. 2008. 4足で歩けないサル:ベローシファカ」世界通信社 教材科学ニュース』1918(1).
  9. 市野進一郎. 2008. ワオキツネザルの繁殖行動」世界通信社 教材科学ニュース』1913(1).
  10. 相馬貴代,市野進一郎. 2007. 国際原猿類会議2007 (Prosimians 2007) に参加して」霊長類研究』23(2): 115–120. DOI: 10.2354/psj.23.115.
  11. 市野進一郎. 2007. ワオキツネザル」マダガスカルいきもの図鑑③. マダガスカル研究懇談会ニュースレターSERASERA』18.
  12. 市野進一郎. 2007. ワオキツネザルの子育て」世界通信社 教材科学ニュース』1886(1).
  13. 市野進一郎. 2006. マダガスカル島のワオキツネザル」世界通信社 教材科学ニュース』1866(1).
  14. 市野進一郎. 2002. ベレンティの森で」マダガスカル調査日記より②. マダガスカル研究懇談会ニュースレターSERASERA』7.

招待講演

  1. 市野進一郎. 2017. キツネザル類の社会行動とコミュニケーション」第47回ホミニゼーション研究会』犬山市.(2017年12月20日).
  2. 市野進一郎. 2017. マダガスカルでこんな研究しています」世界キツネザルフェスティバル2017』犬山市.(2017年10月21日).
  3. 市野進一郎. 2014. ベレンティ保護区のワオキツネザル研究」第18回マダガスカル研究懇談会』吹田市.(2014年3月29日).
  4. 市野進一郎. 2014. マダガスカル南部におけるワオキツネザルの長期継続研究」第206回アフリカ地域研究会』京都市.(2014年11月20日).

博物館における展示

  1. 市野進一郎. 2012. ワオキツネザルの寿命と繁殖の老化 (Lifespan and Reproductive Senescence in Ring-tailed Lemurs)」陸上脊椎動物の多様性と進化:京都大学の挑戦』京都大学総合博物館展示企画.(2012年06月06日–10月14日).

主な研究プロジェクト

  • 2019〜2022年度(実施中)科学研究費補助金(基盤研究C)DNA多型を用いたタマリンドのマダガスカルへの移入経路と分布拡大過程の解明」
  • 2016〜2019年度(実施中)科学研究費補助金(基盤研究C)ワオキツネザルのメスの生涯繁殖成功に関する研究」
  • 2014年度(実施年度:2015〜2017年度)トヨタ財団研究助成プロジェクト「フィールドミュージアム」構想によるマダガスカル南部川辺林の保全」
  • 2009年度 キヤノンヨーロッパ財団 欧州長期特別奨学金「A socio-ecological study of the unusual sex ratio in ring-tailed lemurs (Lemur catta)」
  • 2008年度 日本霊長類学会 国際学術研究助成金「マダガスカル、ベレンティ保護区におけるワオキツネザルの交尾戦略の研究」
  • 2006〜2008年度 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「DNAマーカーを用いた野生ワオキツネザルの繁殖戦略の研究」
  • 2005年度 京都大学霊長類研究所 共同利用研究員「マイクロサテライトDNA解析によるワオキツネザルの繁殖構造の研究」
  • 2004年度 京都大学霊長類研究所 共同利用研究員「DNA多型解析による野生ワオキツネザルの父子判定の予備的研究」

学外委員

  • 2019年~ マダガスカル研究懇談会世話役
  • 2015年7月~2019年6月 日本霊長類学会経理幹事
  • 2002年~ マダガスカル研究懇談会事務局員

社会活動等

  • 2015年5月10日 北海道新聞朝刊「岐路に立つ大自然の島」取材協力)

査読した学術雑誌

  • American Jouranal of Primatology(米国霊長類学会誌)
  • Folia Primatologica(欧州霊長類学会連合雑誌)
  • Serasera(マダガスカル研究懇談会ニュースレター)
  • Tropics(日本熱帯生態学会雑誌)

連絡先

Mail:ichino [at] jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)