朝田 郁(Akira ASADA)
機関研究員

アラビア半島南部出身のアラブ移民ハドラミーを研究しています。彼らは、千年以上もインド洋を縦横に駆け巡り、海の商人として、また移住者として、この大洋に面する社会と深く関わってきました。私の研究では、ハドラミーの旅を追いながら、東アフリカ沿岸部のスワヒリ地域から、アラビア半島の湾岸産油国までを対象として、移民たちのアイデンティティや、彼らが大きな役割を果たしている民衆イスラームのあり方に注目しています。

専門分野

地域研究、文化人類学、イスラーム学

研究課題

ハドラミー移民のネットワークとアイデンティティ、アラウィー教団とスーフィズム

キーワード

民衆イスラーム、移動・越境、スーフィズム、ザンジバル、アラブ首長国連邦、インド洋

経歴

  • 2006年

    大阪外国語大学(現大阪大学)外国語学部地域文化学科中東地域専攻・卒業

  • 2016年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科一貫制博士課程・修了

  • 2016年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科一貫制博士課程・特任研究員

  • 2017年

    京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科一貫制博士課程・特任助教

  • 2017年

    京都大学アフリカ地域研究資料センター・機関研究員

取得学位

  • 学士(言語・文化、大阪外国語大学)
  • 修士(地域研究,京都大学)
  • 博士(地域研究,京都大学)

所属学会

  • 日本アフリカ学会
  • 日本中東学会
  • 関西アラブ研究会
  • 関西菌類談話会

著書・編著書等

  1. 太田至,大山修一,朝田郁,浅田静香,中澤芽衣(他編). 2019. アフリカで安全にフィールドワークするために:ウガンダ編』京都大学アフリカ地域研究資料センター.
  2. 重田眞義・金子守恵・朝田郁・田中利和(他編). 2018. アフリカで安全にフィールドワークするために:エチオピア編』京都大学アフリカ地域研究資料センター.
  3. 朝田郁. 2017. 海をわたるアラブ:東アフリカ・ザンジバルを目指したハドラミー移民の旅』松香堂書店.
  4. 朝田郁. 2016. アラビア語から見たスワヒリ語」西本希呼(編). 科学で旅する世界:フィールドワークの現場から』春日, 72–74.
  5. 朝田郁. 2011. 改革プログラムRA」竹田晋也・重田眞義(他編). 研究と実務を架橋するフィールドスクール:社会に貢献するアジア・アフリカ地域専門家の要請コース』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科.

論文・短報等

  1. 朝田郁. 2019. 教えの系譜を受け継ぐ」太田さん退職記念文集編集部(編). 太田さん退職記念文集』「太田さんとヤギをたべる会」実行委員会, 154–156.
  2. Asada, A. 2019. Journeys of Hadhrami Arabs Headed for Zanzibar. Uluslararası Sosyal Bilimler Kongresi (Program & Abstracts), Nevsehir International Social Sciences Congress. Nevsehir, Turkey: USBIK Organizing Committee, 259.
  3. Asada, A. 2018. Folk Islam in Contemporary East Africa. Uluslararası Sosyal Bilimler Kongresi (Program & Abstracts), Kayseri International Social Sciences Congress. Kayseri, Turkey: USBIK Organizing Committee, 256.
  4. Asada A. 2018. Folk Islam in Contemporary East Africa. USBIK 2018: I. International Social Sciences Congress: Book of Full Text. Kayseri, Turkey: USBIK Organizing Committee, 1525–1544.
  5. 朝田郁. 2017. ハドラミー移民の生きる世界:インド洋西海域を旅したアラブの軌跡」日本中東学会 第33回年次大会:研究発表要旨集』: 39.
  6. 朝田郁. 2016. 越境するアラブ:ザンジバルにおけるハドラミー移民の実像』博士学位論文 (地域研究). 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科.
  7. 朝田郁. 2016. 海をわたるハドラミー:東アフリカ・ザンジバルを目指したアラブ移民の旅」日本アフリカ学会 第53回学術大会:研究発表要旨集』: 98.
  8. 朝田郁. 2014. ハドラミー・サイイドの血統保存戦略とタリーカ:東アフリカ・ザンジバルの事例から」日本中東学会 第30回年次大会:研究発表要旨集』: 72–73.
  9. 朝田郁. 2013. アラウィー教団とはなにか:東アフリカ沿岸部ザンジバルにおける儀礼とメンバーシップ観」アラブ・イスラム研究』11: 27–51.
  10. Asada, A. 2010. Hadhrami Network and the Holy Lineage. New Horizons in Islamic Area Studies: Continuity, Contestations and the Future (Program & Abstracts). Research Center for Islamic Area Studies, 114.
  11. 朝田郁. 2008. 聖なる人々の教団:現代ザンジバルにおけるタリーカ・アラウィーヤの存在』博士予備 (修士学位) 論文 (地域研究). 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科.
  12. 朝田郁. 2008. チャンスに飛びつく」フィールド便り14. アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』メールマガジン. 59.
  13. 朝田郁. 2007. ザンジバルにおけるタリーカの展開」大阪外大スワヒリ&アフリカ研究』17: 29–58.
  14. 朝田郁. 2006. ザンジバルにおける預言者生誕祭とタリーカの展開』学士学位論文 (言語・文化).

学会・研究会等

  1. Asada, A. 2019. Journeys of Hadhrami Arabs Headed for Zanzibar. USBIK 2019. Nevsehir, Turkey: Kayseri International Social Sciences Congress. (31st. Jan. 2019).
  2. 朝田郁. 2019. 家庭の菌学:野生きのこ栽培のススメ」関西菌類談話会2019年度総会および講演会』(関西菌類談話会第595回例会). 京都市: 龍谷大学.(2019年2月9日).
  3. Asada, A. 2018. Folk Islam in Contemporary East Africa. USBIK 2018. Kayseri, Turkey: Kayseri International Social Sciences Congress. (2nd Feb. 2018).
  4. 朝田郁. 2017. ハドラミー移民の生きる世界:インド洋西海域を旅したアラブの軌跡」日本中東学会 第33回年次大会』福岡市: 九州大学.(2017年5月14日).
  5. 朝田郁. 2016. 海をわたるハドラミー:東アフリカ・ザンジバルを目指したアラブ移民の旅」日本アフリカ学会第53回学術大会』藤沢市: 日本大学.(2016年6月5日).
  6. 朝田郁. 2014. ハドラミー・サイイドの血統保存戦略とタリーカ:東アフリカ・ザンジバルの事例から」日本中東学会第30回年次大会』川越市: 東京国際大学.(2014年5月11日).
  7. Asada, A. 2010. Blood and Migration: Hadhrami Network in Zanzibar, Tanzania. Inner Ideal and Outer Movement in the Islamic World (SIAS3/KIAS4 Joint International Workshop). Kyoto: Kyoto University. (2010年6月19日).
  8. Asada, A. 2010. A Sufi Order of the Holy Men: the Presence of Tariqa ‘Alawiyya in Contemporary Zanzibar. KIAS 12th Interdisciplinary Seminar. Kyoto: Kyoto University. (2007年7月26日).
  9. Asada, A. 2010. Hadhrami Network and the Holy Lineage. New Horizons in Islamic Area Studies: Continuity, Contestations, and the Future (3rd IAS International Conference 2010). Kyoto: Kyoto International Conference Center. (2010年12月17日).
  10. 朝田郁. 2008. タリーカ・アラウィーヤの特質と構造:現代ザンジバルの事例から」スーフィー・聖者研究会』KIASユニット4/SIASグループ3連携研究会. 藤沢市: KKR江ノ島ニュー向洋.(2008年9月30日).
  11. 朝田郁. 2008. 預言者生誕祭の構造:ザンジバルにおけるマウリディの事例 から」日本文化人類学会第42回研究大会』京都市: 京都大学.(2008年6月1日).
  12. 朝田郁. 2007. 現代ザンジバルにおけるアラウィー教団の展開」日本中東学会第24回年次大会』千葉市: 千葉大学.(2008年5月25日).

主な研究プロジェクト

  • 2017〜2019年度(予定)科学研究費補助金(基盤研究C)越境する人類学:インド洋西部地域におけるアラブ移民ハドラミーのネットワーク形成」(課題番号:17K03281,研究代表者)
  • 2008年度 松下国際財団 研究助成(人文科学・社会科学領域)スワヒリ・コーストにおけるアラブ移民ハドラミーのネットワーク」(助成番号:08-038,研究代表者)

学外委員

  • 第3回(2020年)国際人文社会科学学会(トルコ・カイセリ)学術委員

講師歴

  • 京都華頂大学「多文化共生論」非常勤講師,2019年10月 〜 現在
  • 京都華頂大学「比較文化論u」非常勤講師,2019年10月 〜 現在
  • 星槎大学「アフリカの歴史と社会」非常勤講師,2019年4月 〜 現在
  • 京都コンピューター学院(鴨川校)「現代社会学」非常勤講師,2018年10月 〜 現在
  • 京都コンピューター学院(鴨川校)「異文化理解」非常勤講師,2017年10月 〜 現在
  • 京都産業大学(梶茂樹教授)文化人類学入門」ゲスト講師,2016年6〜7月

連絡先

Mail:asada [at] jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)