Significance, and Institutional Support to Urban and Peri-Urban Agriculture in Africa: Evidence from Zambia

内容

Urban and Peri-Urban Agriculture (UPA) has a long history in Africa. It predates the independence of most African countries. Given the social and economic conditions in many African cities, UPA has become one of the anti-poverty tools for the urban poor. However, this activity has not been receiving the required support from, especially government institutions; both at local and central government levels. This presentation therefore delves into the importance and constraints of UPA in four Zambian cities of Kabwe, Kitwe, Lusaka and Ndola considering the economic restructuring the country underwent in the 1990s.

講師

ゴドフリー・ハンプワイエ博士(現代アフリカ地域研究センター・客員教授/ザンビア大学自然科学学部地理・環境学科・上級講師)

日時・場所

2019年5月20日月)15時00分〜17時00分
京都大学稲盛財団記念館3階セミナー室(318号室)[MAP

言語

英語(通訳なし)

対象

どなたでもご参加いただけます。
参加無料・申込不要です。

お問い合わせ先

京都大学アフリカ地域研究資料センター
Tel:075-753-7803
Mail:caas [at] jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)

主催

  • 京都大学アフリカ地域研究資料センター
  • 東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター

ご注意・備考

会場併設の駐車場では、一般の方の駐車スペースを設けておりません。ご来場の際には、公共の交通機関をご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。