内容

アフリカの人口は、2050年には25億人を超え、世界の約4分の1の人口を占めると予想されている。アフリカには石油や天然ガス、レアメタルなどの豊富な鉱物資源があり、今世紀に入ると高い経済成長率を達成してきた。アフリカは、今日、グローバル経済の最後のフロンティアともいわれている。

2019年8月に横浜で開催された「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」では、アフリカの開発=発展のために民間の協力と関与を重視する姿勢があらためて強調された。しかし現実には、日本社会にとってアフリカは地理的に遠いだけではなく、歴史的・心理的にも依然として遠い世界であり続けている。両者がより緊密に交流し、支え合い、相互の長所を活かすような関係はどのようにして築くことができるだろうか。今後、アフリカと日本のあいだに協力関係を構築してゆくためには何が必要なのだろうか。

この講演会では、こうした問いに答えるために、アフリカと日本は、お互いにどのような潜在力を持っているのか、それはどのように繋がってゆくことができるのかについて、この問題を深く考え実践してきた京都精華大学のウスビ・サコさんの経験から学びたい。

講師

ウスビ・サコ(Oussouby Sacko,京都精華大学・学長)

日時・場所

2020年1月26日日)15時00分〜17時00分
京都大学稲盛財団記念館3階大会議室[MAP

言語

日本語

司会

松田 素二(京都大学・教授,アフリカ潜在力」プロジェクト代表)

コメンテーター

和崎 春日(中部大学・教授)
「在日・在中アフリカ人から見たアフリカ-アジア関係」の視点から

対象

どなたでもご参加いただけます。
参加無料・申込不要です。

お問い合わせ先

「アフリカ潜在力」プロジェクト事務局
Tel:075-753-7802
Mail:africanpotentialpro_jimukyoku [at] googlegroups.com(at]を@に変えてください)

主催

日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(S)アフリカ潜在力」と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究代表:松田素二[京都大学])

共催

京都大学アフリカ地域研究資料センター

ご注意・備考

会場併設の駐車場では、一般の方の駐車スペースを設けておりません。ご来場の際には、公共の交通機関をご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。