センターの活動

  • HOME »
  • センターの活動

食品がつなぐアフリカ農村と日本:フェアトレードで産地は変わるか

アフリカの貧困問題や低開発問題などを解決しようとする生産者の力。それを補強するフェアトレードの力。そのフェアトレードを促進する産地の力。この講演会では、そのような力を、それらの限界とともに明らかにしたいと考えています。

Fairtrade Flyer

2017年度 第4回講座「社会変化のなかでの潜在力:アフリカで忠誠心を考える」

人々の忠誠心は、平和を希求する社会の動きになると同時に、社会を破壊する動きとなる可能性があります。忠誠心を切り口として、アフリカ社会における貧困や不平等、テロの問題、そして、われわれの社会・暮らしを考えます。

Kouza 2017-4 EC

「足元」からの平和構築:ジェノサイド後のルワンダにおける障害者支援

この講演会では、20年以上にわたってルワンダで草の根の活動をし、また義肢製作という、二つの意味で「足元」からの平和構築に携わるルダシングワ夫妻をお招きし、地に足をつけた活動ならではの困難と成果について率直なお話を伺います。

Rwanda Ashimoto

飢餓のない世界をめざして:WFP国連世界食糧計画の挑戦

このセミナーでは、国連世界食糧計画(WFP)で活躍されている方をお招きして、その活動や事業を紹介していただき、私たちが国際協力にどのように関与できるのかを学生や市民のみなさんと一緒に考えます。

2017年度 第3回講座「都市に生きる人びとの潜在力:カメルーンの小さな仕事から見えてくるもの」

アフリカ都市は失業率が高く、生きていくために人びとは自ら仕事をつくり出します。それは、潜在力が発揮される世界でもあります。カメルーンの首都ヤウンデを舞台に、都市に生きる人びとの潜在力を考えてみたいと思います。

Kouza 2017-3 EC

海外危機管理ワークショップ(カメルーン)

カメルーンを事例として、海外危機管理ワークショップを開催いたします。研修では、フィールドにおいて不測の事態に遭遇した際の対応策を検討します。

Anzen Cameroon Flyer
« 1 11 12 13 14 »
PAGETOP
Copyright © 2020 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.