センターの活動

  • HOME »
  • センターの活動

第235回 アフリカ地域研究会

アフリカでは、ラジオを通して「公共」を問い語りあう場が生じている。発表では、ジャーナリストや視聴者の個人像に焦点をあて、社会変容について考える。

AS #235

第77回 KUASS (Kyoto University African Studies Seminar)

Associate Professor Hirokazu YASUOKA discusses wildmeat consumption in tropical rain forests with Dr. Nathalie van Vliet (CIFOR) and Dr. Edmond Dounias (IRD).

DAAS default eye catch

第234回 アフリカ地域研究会

トウジンビエは日本では知られていないが、西アフリカ・サヘル帯の主穀である。その「雑草型」にスポットをあて、遺伝学と民族植物学が重なる領域をさぐる。

AS #234

National Geographic Grants Seminar

National Geographic Grants Seminar を開催します。National Geographic Society-Asia の Jay Lee 代表をお招きし、アジアの研究者、学生を対象にした助成金を中心に紹介して頂きます。

NGGS 2018

第5回 東京外大-京大アフリカ研究交流セミナー

第5回目となる TUFS-KU セミナーでは、「ソウル・アフリカ・フェスティバル」の総監督を務める韓国外国語大学アフリカ研究所のユン博士が、アフリカ研究における一般公開型・一般人参加型イベントの重要性について解説します。

2017年度 第5回講座「アフリカ潜在力:他者とのつきあい方をアフリカ人に学ぶ」

これまで私は、アフリカの牧畜民の間で研究を続けてきました。彼らは常に、強引ともいえるやり方で積極的に働きかけ、相手の能動的な反応や深い関与をひき出すのです。こうした相互行為のあり方から何を学べるのかを考えます。

Kouza 2017-5 EC
« 1 10 11 12 14 »
PAGETOP
Copyright © 2020 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.