センターの活動

  • HOME »
  • センターの活動

第251回アフリカ地域研究会

ケニア北部に広がる乾燥地域では、牧畜民の人々が数千年に渡って家畜を飼養しながら暮らしてきた。これらの社会は通常、近代国家の政治権力の及ぶ圏域の外部、またはその周縁領域と見なされている。しかし、実際にはイギリスによる植民地 …

AS #250-252

第250回アフリカ地域研究会

セネガルの高等教育の現場におけるイスラーム発展の経緯について明らかにすると同時に、学生達の宗教実践について現代社会との繋がりから考察する。

AS #250-252

木村大治教授 退職講演会

木村大治アフリカセンター教授が、3月31日に早期退職します。これを機にネット配信で退職講演会を開催し、これまでの研究と今後の方向性について検討します。

Kimura

国際ワークショップ:アフリカの地場製造業

このワークショップでは、アフリカの地場製造業に対する実証調査を通じて、アフリカの「下からの」工業化における、今日的な課題と可能性について検討します。

国際ワークショップ

第249回 アフリカ地域研究会

本発表では、ザンビア農村部を中心に、サブサハラアフリカ地域の生活習慣病の現状、食習慣、ライフスタイルおよび生活習慣病に対する認識について報告します。

AS #249

2019年度 公開講座 第5回「アフリカを歩く:山・砂漠の自然と人と」

アフリカ大陸では、過去から現在までどのような気候変動が生じ、自然が変化し、人々に影響してきたのか、ケニア山の氷河やナミブ砂漠などを中心に論じます。

公開講座2019 第5回 EC
1 2 3 14 »
PAGETOP
Copyright © 2020 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.