出版物

教員出版物

遊牧の思想:人類学がみる激動のアフリカ

アフリカの遊牧民に魅せられた人類学者によるアンソロジー。遊牧民のブレない生き方は、現在さまざまな困難に直面する私たちにとって、どんな意味をもつのか。

遊牧の思想

改訂新版 新書アフリカ史

新たなアフリカ像を提示し、世界史の読み直しを迫る必読の歴史書。新しい知見や主張に基づいて内容を大幅に見直した、21年振りの改訂新版。

改訂新版 新書アフリカ史

見知らぬものと出会う:ファースト・コンタクトの相互行為論

SF作品を渉猟し、フィールドワーク、文化人類学、霊長類学、相互行為論、分析哲学の知見を縦横無尽に参照して、コミュニケーションの成立条件を考察する。

見知らぬものと出会う EC

探求と実践の往還(掛谷誠著作集3)

国際協力はいかにあるべきか、地域研究はどう貢献できるのか。掛谷誠の著作集最終巻では、アフリカの課題を世界の文脈に置き、人類普遍のものとして問う。

探求と実践の往還

呪医と精霊の世界(掛谷誠著作集2)

タンザニア農耕民トングウェの自然の知識に魅了された著者は、自ら呪医となり治療の論理を解き明かす。掛谷誠の著作集第2巻では、アフリカの精神世界を描く。

呪医と精霊の世界

人と自然の生態学(掛谷誠著作集1)

アフリカの焼畑農耕民社会を対象とし、自然・社会・文化の相互関係と動態を生態人類学の立場から解明してきた京都大学名誉教授・掛谷誠。その著作集の第1巻。

人と自然の生態学
1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.