出版物

助成による出版物

アフリカ・サバンナの〈現在史〉:人類学がみたケニア牧畜民の統治と抵抗の系譜

ケニア北部の乾燥地に住む牧畜民の歴史を、イギリスによる植民地化から現在まで、史料分析とフィールドワークを駆使して描き出す。

アフリカ・サバンナの〈現在史〉

酒を食べる:エチオピア・デラシャを事例として

地球上には、酒を主食とする文化が存在する。集団の維持に正しい判断がされるのか、混乱や間違いは起きないか、彼らの食と文化に迫る。

酒を食べる

東アフリカにおける民衆のイスラームは何を語るか:タリーカとスンナの医学

東アフリカの民衆にイスラームを普及させた神秘主義教団と、近年盛んになったスンナ(預言者の慣行)の医学を通し、人々のイスラーム実践や世界観を考察。

東アフリカにおける民衆のイスラームは何を語るか

Dynamics of War Time Education and its Impact on Rural People in Eritrea: A Case Study from a Settler Village, Gadien(京都大学アフリカ研究シリーズ025)

This book focuses on the dynamics of wartime education and its effect on the livelihoods of rural people in a settler village called Gadien.

Dynamics of War Time Education and its Impact on Rural People in Eritrea

Human-Wildlife Conflict in Kenya: Crop Raiding and People’s Coping Strategies in Mahiga-B Village, Nyeri County(京都大学アフリカ研究シリーズ024)

Human-wildlife conflict is a global wildlife conservation concern. This book describes its impacts in Kenya and provide guidance for its resolution.

Human-Wildlife Conflict in Kenya

Regeneration of Ethnobiological Knowledge in the Daily Life of Maasai Children in Southern Kenya(京都大学アフリカ研究シリーズ023)

This book explores how Maasai children in Southern Kenya generate local skills and knowledge; and create social ties during their in-situ learning.

Regeneration of Ethnobiological Knowledge
1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.