出版物

2000〜2015年

インタラクションの境界と接続:サル・人・会話研究から

還元主義・実体主義的な研究手法に行詰り感が漂う中、個体同士の相互作用を自然状況下で観察、その面白さを生き生きと描写するインタラクション研究の入門書。

インタラクションの境界と接続

森棲みの社会誌:アフリカ熱帯林の人・自然・歴史 2

人と人、民族と民族、伝統と近代、様々なインタラクションをとおして森の暮らしはどう変わるのだろうか。森に関わり生きる人びと、その行方を探る。

森棲みの社会誌

森棲みの生態誌:アフリカ熱帯林の人・自然・歴史 1

近代化の波のなかでアフリカの森はどう変わったか。そこには、グローバル化を自らの生き方に取り込む人々の姿もある。地域社会が独自性を保持する道を探る。

森棲みの生態誌

アフリカ農村と貧困削減:タンザニア 開発と遭遇する地域

経済学者はアフリカは貧しいという。しかし、アフリカ農民社会は生態環境の変化に巧みに対応している。フィールドワークと開発経済学を組み合わせた意欲作。

アフリカ農村と貧困削減

マダガスカル島:西インド洋地域研究入門

インド洋の島マダガスカル。気候、民族、言語、宗教、歴史、ワオキツネザルやバオバブの木などの動植物の生態、人々の生活・病気・葬儀まで、すべてまとめる。

マダガスカル島

伊谷純一郎著作集〈第6巻〉:人類学と自然の旅

著者の終生に及んだフィールドでの観察と思索から生み出された、エッセイや論考を精選した最終巻。思索の壮大な体系がここに完結。年譜と全著作目録も収録。

伊谷純一郎著作集6
« 1 2 3 4 7 »
PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.