フィールドステーション

フィールドステーション

京都大学アフリカ地域研究資料センターは、大学院アジア・アフリカ地域研究研究科との協力体制のもとに、アフリカ大陸の各地7ヵ所(ナミビア、ザンビア、タンザニア、ケニア、カメルーン、エチオピア、ニジェール)に研究調査の拠点としてフィールドステーションを管理・運営しています。

フィールドステーションは、2002-2006年度に実施した21世紀COEプログラム「世界を先導する総合的地域研究拠点の形成」によって設置されたもので、現在はグローバルCOEプログラム「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」の協力によって運営しています。

フィールドステーションは、現地におけるフィールドワークを基盤とした教育と研究の推進、セミナーやワークショップの開催、現地研究機関との協力体制の強化などに活用されています。

エチオピア・フィールドステーション

GCOE | 21COE

カメルーン・フィールドステーション

中部アフリカ総合 | GCOE | 21COE

ナイロビ・フィールドステーション(ケニア)

新サイト | GCOE | 21COE

タンザニア・フィールドステーション

GCOE | 21COE

南部アフリカ・フィールドステーション

総合 | ザンビア | ナミビア

ニジェール・フィールドステーション

総合

PAGETOP
Copyright © 2019 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.