市場に生きる女性商人の世界:拡大するアフリカ都市と農作物流通

内容

急速な人口増加をともないながら拡大するアフリカ都市。カメルーン首都ヤウンデに散在する市場には、国内産農作物の9割が集まる。200万人を超す都市住民の「食料庫」である市場は、女性商人が活躍する場である。独立以降、都市化がすすむなか、農村から都市にでてきた女性たちは、いかにして都市社会の変動に対処してきたのか。本発表では市場における女性の経済活動に着目し、アフリカ都市社会の動態について考察する。

講師

塩谷 暁代(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・日本学術振興会特別研究員(PD)

日時・場所

2019年2月21日木)15時00分~17時00分
京都大学稲盛財団記念館3階中会議室[MAP

対象

どなたでもご参加いただけます。
参加無料・申込不要です。

お問い合わせ先

京都大学アフリカ地域研究資料センター
Tel:075-753-7803
Mail:caasas [at] jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)

共催

日本アフリカ学会関西支部

ご注意・備考

会場併設の駐車場では、一般の方の駐車スペースを設けておりません。ご来場の際には、公共の交通機関をご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。