メンバー紹介

特任研究員

園田 浩司

カメルーン東部に暮らす狩猟採集民バカの狩猟採集活動における対面相互行為の研究を行っている。とくに狩猟採集活動に参加する子どもと、それを支援する大人の会話に着目し、分析を進めている。

特任研究員(センター所属)

当センターに所属し、アフリカに関わる様々な研究活動をおこなっている特任研究員です。個別の研究テーマについては、各研究員の紹介ページをごらんください。

特任研究員

野口 真理子

京都大学アフリカ地域研究資料センターに所属している特任研究員です。プロフィールや研究内容の詳細については、随時掲載していく予定です。

加藤(山内)珠比

サブ・サハラアフリカの農業・農村社会開発とそれに関わるステークホールダーの動き、社会経済的格差の拡大、それに対する貧困削減について研究しています。

角田 さら麻

専門分野 / 研究課題 / キーワード アフリカ地域研究、民俗建築学、風土建築、ペンバ島、ザンジバル、スワヒリ交易 経歴 2011年 早稲田大学理工学部建築学科卒業 2011年 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究 …

山本 佳奈

タンザニア農村では糖尿病に苦しむ人が増えつつあり、これはおそらく近年の食生活の変化と深く関係していると考えられます。私は、在来作物であるモロコシが糖尿病の予防と治療に役立つ可能性に着目し、モロコシの生産、貯蔵、加工に関す …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 2021 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.