木村大治(著)

上製本:xv, 326 p.
出版社:京都大学学術出版会
ISBN-13:978-4876986224
サイズ:A5
発売日:2003年11月

Amazon

京都大学学術出版会

内容

アフリカの二つの民族集団における長期調査をもとに、言語的相互行為を通じて、人と人とが「共にいる」という感覚の多様性を記載し、その分析枠組みを提示する。そして、相互行為の様式の記述が、現代において進行しつつあるコミュニケーションの大きな変化(インターネット、携帯電話等)の分析に対してどのような意味をもつかを考察する。