出版物

一般研究書

かごバッグの村-ガーナの地場産業と世界とのつながり-

アフリカの小さな農村地帯がどうやって世界中で販売されるかごバッグの産地になったのか。開発援助や国際市場の影響、新たにもたらされるさまざまな要素の「取り込み」の過程を含め、産地の発展経緯をフィールドワークから解き明かす。

アフリカ・サバンナの〈現在史〉:人類学がみたケニア牧畜民の統治と抵抗の系譜

ケニア北部の乾燥地に住む牧畜民の歴史を、イギリスによる植民地化から現在まで、史料分析とフィールドワークを駆使して描き出す。

アフリカ・サバンナの〈現在史〉

酒を食べる:エチオピア・デラシャを事例として

地球上には、酒を主食とする文化が存在する。集団の維持に正しい判断がされるのか、混乱や間違いは起きないか、彼らの食と文化に迫る。

酒を食べる

東アフリカにおける民衆のイスラームは何を語るか:タリーカとスンナの医学

東アフリカの民衆にイスラームを普及させた神秘主義教団と、近年盛んになったスンナ(預言者の慣行)の医学を通し、人々のイスラーム実践や世界観を考察。

東アフリカにおける民衆のイスラームは何を語るか

Iron Sharpens Iron: Social Interactions at China Shops in Botswana

This book is an original study of issues that resonate in almost every African country which has responded to a growing Chinese presence.

Iron Sharpens Iron

サバンナ農地林の社会生態誌:ナミビア農村にみる社会変容と資源利用

1990年に独立したナミビア。政府は市場経済導入を進めるが、サバンナの人々は応じない。その理由を、彼らの生業と資源利用、それを支える自然環境から探る。

サバンナ農地林の社会生態誌
1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 2020 京都大学アフリカ地域研究資料センター All Rights Reserved.