South Korea-Africa Encounters via Culture and Arts: The Case of Seoul Africa Festival(文化と芸術を通じた韓国・アフリカ交流:ソウル・アフリカ・フェスティバルの事例より)

内容

東京外国語大学現代アフリカ地域研究センターと京都大学アフリカ地域研究資料センターは、第5回TUFS-KUセミナーを2018年4月20日に開催します。今回、講師としてお招きするのは、韓国外国語大学アフリカ研究所の研究教授であり、現在、京都大学アフリカ地域研究資料センターに客員教授として招かれているユン・オスン博士です。

「ソウル・アフリカ・フェスティバル」の総監督を務めるユン博士。このフェスティバルは、一般の人々に現代のアフリカについて知ってもらうことを目的に、2016年に初めて開催されました。今年も5月18~20日の3日間にわたって、ソウルにある東大門デザインプラザにおいて開催されます。本セミナーでは、ユン博士がアフリカ研究における一般公開型、一般人参加型のイベントの重要性について解説します。

講師

ユン・オスン博士
韓国外国語大学アフリカ研究所・研究教授/京都大学アフリカ地域研究資料センター・客員教授)

日時・場所

2018年4月20日金)14時20分~16時00分
東京外国語大学 研究講義棟327教室[MAP / 館内図

言語

英語(適宜日本語を併用)

対象

どなたでもご参加いただけます。
参加無料・申込不要です。

お問い合わせ先

東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター
Mail:africanstudies-center [at] tufs.ac.jp(at]を@に変えてください)

共催

東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター
京都大学アフリカ地域研究資料センター